_WW_2165大和則夫 | NORIO YAMATO
2000年、東京工業大学工学部社会工学科卒業。同年、森ビル株式会社入社。都市開発事業本部、六本木ヒルズ運営本部、経営企画部に従事。2008年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスにて修士号(MSc)を取得。2014年7月より森記念財団都市戦略研究所にて研究員として勤務。

10月19日、20日に開催されるICF2016。2日目に開催されるのが「未来東京セッション:TOKYO2035」だ。このセッションは「Future Living」、「Future Work」、「Future Mobility」、「Future Entertainment」の4つのテーマにわけられ、リソースパーソンの議論に参加者も加わりながら、20年後の東京に住む人々のライフスタイルが議論される。

このセッションは、森記念財団都市戦略研究所が進める東京の都市戦略プロジェクト、「TOKYO 2035」の中間地点に位置する。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定したことで、東京の都市再生やインフラ整備が加速化するなど、東京が再び大きく変わろうとしている。また、人工知能やロボティクス、シェアリングエコノミーといった科学技術の進化や価値観の変化なども起きており、それらの新技術をもとにした新たな商品やサーヴィスが、東京が直面する課題の解決や生活の質の向上に資することが期待される。

そこで、都市戦略プロジェクト「TOKYO 2035」では、科学技術の進展を積極的かつ効果的に取り込みながら、世界的な課題や、東京独自の課題を克服した後の、東京に住む人々のライフスタイルを中心とした都市ヴィジョンを描こうとしている。

「TOKYO 2035」は都市ヴィジョンを描くにあたって、4つのライフスタイル・シーン(「住む」「働く」「移動する」「遊ぶ」)を設定し、幅広く調査・検討を進めている。ICF2016 DAY2「未来東京セッション:TOKYO2035」は、それらの4つのテーマについて公開議論することが目的で、来るICF2017で最終報告をするべく、現在もなお研究が進められている

大和は、次のように語る。

「今回のセッションは、何らかの結論を求めるものではありません。理想的かつ現実的な未来の姿を想像し、よりよい東京にするためのロードマップや課題を見出すことをゴールにしています。20年後のわたしたちの生活は、もしかしたら大きくは変わっていないかもしれません。しかし、確実に進化していくテクノロジーをどう生かしていくのか、東京での生活がどのようなものになるのか、未来東京セッションを通じて考えていってもらいたいです」と語る。プログラムは下記の通りとなっている。

1.「Future Living」
ファシリテーターに、レスポンスアビリティの足立直樹、リソースパーソンにストラタシス・ジャパンの片山浩晶、楽天の市原敬介、リバネスの丸幸弘を迎え、人は誰と、どこで、どのように暮らすのかをディスカッションをする。20年後の東京で暮らす人たちの衣食住について、IoTやロボティクスなどによる家事からの解放、医療技術の進展による健康寿命の伸長など、今後のテクノロジーの進展を想定した居住像をデザインする。

足立直樹足立直樹 | NAOKI ADACHI
サステナブルビジネス・プロデューサー/レスポンスアビリティ代表取締役。東京大学・同大学院で生態学を専攻、博士(理学)。国立環境研究所とマレーシア森林研究所(FRIM)で熱帯林の研究に従事したのち、独立。2006年にレスポンスアビリティを設立し現在に至る。08年からは企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)事務局長も兼務。多くの先進企業に対して、持続可能な事業を指導してきた。環境経営学会顧問、環境省、農林水産省等の関連委員も多く務める。

2.「Future Work」
人はなぜ、どこで、どのように働くのか。電通総研の大越いづみをファシリテーターに、クラウドワークスの吉田浩一郎、ココナラの南章行、早稲田大学ビジネススクールの根来龍之をリソースパーソンに迎えて議論する。国内の労働人口の5割にあたる職業が、人工知能やロボットによって代替される可能性がある。20年後のわたしたちの仕事とは、オフィスとは? テクノロジーと共生する働き方をデザインする。

大越いづみ【縮小版】大越いづみ | IZMUMI OKOSHI
ビジネス・クリエーション・センターExecutive Business Creation Director(EBD)/電通総研所長/レガシープロジェクトデザイン室長、2020プロジェクトプロデュース局、民間シンクタンク研究員、外資系メーカーのブランドマネジャーを経て、1998年電通入社。マーケティング局、コミュニケーション・デザイン・センター、ビジネス・デザイン・ラボ等を経て、2014年より現職。

3.「Future Mobility」
自動運転車の登場とシェアリングエコノミーの進展は、東京に住み、働く人たちのライフスタイルをどう変えるのか、「移動」に焦点を当てる。ファシリテーターをアールジーンの小泉耕二が務める。リソースパーソンとしてインテルの野辺継雄、akippaの金谷元気、ZMPの谷口恒が登壇する。パーソナルモビリティが未来の都市空間に大きな変化を及ぼすとしたら? 移動形態とそれが都市にもたらす変化について議論する。

小泉耕二小泉耕二 | KOJI KOIZUMI
1973年生まれ。アールジーン 代表取締役/IoT News代表、IoTNEWS代表。 IoTコンサルタント。大阪大学でニューロコンピューティングを学び、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)、Cap Gemini Ernst & Young、テックファームより現職。著書に、『2時間でわかる図解IoTビジネス入門』〈あさ出版〉『顧客ともっとつながる』〈日経BP〉がある。

4.「Future Entertainment」
デジタル化が進み、家の中ですべてのことを済ませられる時代に、人は都市をどのように楽しむのだろうか。新しいエンターテインメントとなりうるようなパラダイムシフトが起こる可能性はあるのか。室内、屋外での過ごし方を考察しながら、外部空間に人を誘導するような東京ならではのエンターテインメントをデザインしていく。ファシリテーターには明治大学公共政策大学院の市川宏雄、リソースパーソンにソニーコンピュータサイエンス研究所の北野宏明、東京大学大学院情報理工学研究科の廣瀬通孝、佐々木設計事務所の佐々木龍郎、大林組の葛西秀樹が登壇する。

S218100_市川宏雄市川宏雄 | HIROO ICHIKAWA
1947年、東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科、同大学院博士課程を経て、ウォータールー大学大学院博士課程修了(都市地域計画、Ph.D.)。一級建築士。明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科長・教授/森記念財団理事。専門は都市政策、都市・地域計画、危機管理。著書に『東京一極集中が日本を救う』〈ディスカヴァー携書〉、共著に『東京2025 ポスト五輪の都市戦略』〈東洋経済新報社〉、『東京の未来戦略』〈東洋経済新報社〉、ほか多数。政府や東京都の委員、日本テレワーク学会や日本危機管理士機構などの責任者を歴任し、数多くの公的機関・民間団体の活動に携わる。

未来東京セッションの4つのブレインストーミング・セッション後には、ラップアップ・セッションが行われる。ラップアップ・セッションでは各ファシリテーターが、各グループで出された意見や知見をもちより、参加者にプレゼンテーションを行う。