160902_futuredays_1080

いわゆる「講義」という形式が、どうもずっと落ち着かない。

壇上になんらかの「教え」を授ける人がいて、壇下にそれを乞う人がいる。「教え」は、一方通行に上から下へと流れ、その落差こそが「商品価値」となる。教えは、再現性があって、簡単に明日から使える「方法化」されたものであれば、なお、よく、高く、売れる。

「講義」という形式、「知の受け渡しの作法」をめぐるこうしたありように、かつてフランスのある思想家は、それとなく異を唱えようと、晩年に行った講義において、それがある特定の「目的」へといたるための「方法」にならないよう、周到に思考を巡らせた。

「方法」というものは「目的」というものをフェティッシュ化し、そうであるがゆえに「他の場所を遠ざける」。さらにそれは抑圧的、集権的なものとなって、未知なるもの、還元不可能なものを切り捨ててしまう。そう考えた彼は、講義が「目的」を志向することなく「方法化」してしまうことのないよう、語るべきテーマをABC順に並べることで、それがランダムな道筋をたどるようにあえて編成した。

約束されない未来と向き合うために

ぼくらはいま、想像以上に大きな変換期のなかにあるといわれる。ある人は、それを「明治以来の」と語り、ある人は「400年ぶりの」と語る。いま目に見えている世界を形づくってきた「OS」が、大がかりなアップデートを必要としているに違いないことは、すでにして、日常生活のなかですらうっすらと感じられはじめている。

会社や国というものは、いままでのようにはぼくらの人生をサポートはしてくれないだろうし、科学技術が美しい未来を授けてくれるという夢はとうに輝きを失っている。大量生産・大量消費によってドライヴされてきた経済がもたらす「成長」は、もはやさほど魅力的でもない。社会は10年後の自分の仕事をすら約束してくれない。人はこのさきどうやって老い、死んでいくのか。「未来」は、かつてないほど予測不能なものとなっている。

そうしたなかにあって、人は、これまで以上に「方法」を求めている。「方法」には必ずそれが導き出す「答え」があるゆえ、「方法」を手にさえしてしまえば、おのずと「答え」が見えてくるものと考える人は決して少なくない。けれども、いま、ぼくらが直面している予測不能性は、一夜漬けの「方法」で乗り越えられるような生易しいものではない。テクニカルな「課題解決」だけでは、おそらく事足りない。

_DSC2212

昨年開催されたWIREDカンファレンスのテーマは「都市」。自律走行車から文明史まで、さまざまなテーマで議論が交わされた。PHOTOGRAPH BY DAIZABURO NAGASHIMA

知が交錯する「答え」なきカンファレンス

『WIRED』日本版が例年秋に開催してきたカンファレンスは、これまで「都市の未来」や「行政の未来」といったテーマを設定してきたが、今年はそれを捨てて、多種多様なテーマ系がランダムに交錯するような場としてつくりかえることにした。「答え」を求め・授ける場ではなく、いままで見えなかった新しい「問い」を見出す場としてのカンファレンス。

囲碁9段のマイケル・レドモンドは、予防医学者にして敏腕データアナリストでもある石川善樹と、AlphaGoが放った「神の一手」をめぐって、AIが人間にもたらした新たな「問い」を明らかにするだろう。

同じAIについて、ソニーコンピュータ研究所の北野宏明とYahoo!の安宅和人は、人間の脳をモデルとしないオルタナティヴなAIについて語ることで、もっぱら脳の専売特許と考えられてきた「知性」というものに新たな光を投げかけるかもしれない。

ブロックチェーン、もしくは分散型台帳と呼ばれる、新しいテクノロジー/コンセプトに関する第一人者である慶応大学SFCの斉藤賢爾は、これがもたらしうる真に革命的なポテンシャルを明かし、400年に渡って続いてきた近代社会の崩壊とその後に姿を表す驚愕の未来を語り、かつて宝石デザイナーとしてダミアン・ハーストとともに協働していたこともある、ジャック・デュ・ローズは、彼のブロックチェーン・スタートアップが「会社なき未来」をいかに実現しうるかを明かす。

「WIRED CONFERENCE 2016 FUTURE DAYS」では、能楽師、異端的言語学者である安田登のヴィデオ出演も。映像はフランス人の監督が撮りおろし、それ自体がコラボレーション作品となる。

能楽師にして異端的言語学者でもある安田登は、中国やシュメールといった古代語に関する広大な知識をもとに、われわれが迎えている転換を巨視的な人類史的観点からひもとき、その先に来るべきパラダイムを予見し、気鋭の音声言語学者・川原繁人は、近代・現代科学において完全なる空白となってきた「音としての言語」という未知に迫ることで、人と言語にまつわる、知られざる「問い」を見せてくれるだろう。

科学といえば、従来もっていたはずの横断性が失われ、細かく縦分割されることで官僚主義の悪弊に陥ったすべての「学問」というものの問題に、ゲームデザイナーの山本貴光と情報学者のドミニク・チェンが向き合う。これまでの編成では現在の世界の複雑さを捉えることができなくなりつつある「学問」のあり方を、明治期の異才・西周の「百学連環」という構想から再想像する。

また、シンギュラリティというテーマに沿って、PEZY Computingの齊藤元章、神戸大学名誉教授の松田卓也が、コンピューティングパワーの極大化がもたらす未来を語り、シンギュラリティという概念の提唱者レイ・カーツワイルが主催する「シンギュラリティ大学」の数少ない日本からの受講生である、ビジネスデザイナーの佐宗邦威が、未来におけるビジネス・組織論の最重要概念のひとつである「エクスポネンシャル」というコンセプトが内包する、いまとは全く異なる世界像を明かすことになる。

アンチ「方法」としての「教養」を求めて

AI、シンギュラリティ、言語、ブロックチェーン、科学・知の再編、といったテーマは、たしかにいま、どこでも語られているテーマだ。しかし、それらを、これまでぼくらが生きてきた過去のパラダイムのなかに置いて、そのなかでアプリケーションの「方法」を論じることに、果たして意味があるのかどうか。貨幣経済システム自体が変革されようとしているなか、「ブロックチェーンやAIがどうやって企業を成長させるか」などという問いはミスリードでしかないのではないか。

いまある現実の延長線上にあるものではない「オルタナティヴな未来」をみつめること。「答え」ではなく新しい「問い」を見つけること。そこには目的も方法もない。先のフランスの思想家は「方法」の対義語として「教養」という言葉を置いてみせたのだが、そのとき、彼がその語に負わせた意味はこういうものだった。

「さまざまな知や味わいの切れ端、境界のあいだをよろめくこと」

フランス文学者の石井洋二郎は、『フランス的思考』という本のなかで、彼、ロラン・バルトが語った、その「教養」というものを、さらにわかりやすくこう言い換えている。

「『方法』とは望まれた結果の達成を至上命令とする合理的過程であり、唯一の目的を特権化し、それ以外の可能性を排除してしまう集権的・求心的な意志の現れであるのにたいして、『教養』のほうは多様な力が有無をいわせず作用する暴力的な場であり、いかなる単一の目的に収斂することなく、さまざまな可能性のあいだを不安定に揺れ動き彷徨する反集権的・遠心的な運動である、とでもなるだろうか」。(『フランス的思考―野生の思考者たちの系譜』より)

「WIRED CONFERENCE 2016 FUTURE DAYS」は、そういう意味では、これからの時代の「教養」を探る、反集権的・遠心的な場であることを願っている、ともいえる。

WIRED CONFERENCE 2016「FUTURE DAYS:未来は『オルタナティヴ』でなければならない」

>>参加のお申し込みはこちらから(弊誌定期購読者への優待あり)

■PROGRAM

「『第2局・黒37手』とは、なんだったのか?」
「ぼくは、クリプトアナキスト」
「AI。腸、免疫系としての」
「未来は女性的なのか?」
「会社よさらば:脱中央型自立組織・論」
「分散型台帳は新しい地球のOS」
「スパコンがコピー機サイズになる日」
「音・声・世界」
「西周と知の新しい地図」
「エクスポネンシャル・オア・ダイ」

and more…

■Information
日時:
2016年10月19日(水) 13:00〜18:30(懇親会 18:45〜20:00)
※開始・終了時刻は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください
会場:
虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB (虎ノ門ヒルズ森タワー 4F)東京都港区虎ノ門1丁目23番3号
参加費:
一般|12,960円(税込)
学生割引|5,400円(税込)
『WIRED』日本版・定期購読者優待|11,880円(税込)
※ 定期購読のお申し込みはこちら
ICF基調講演とのセット割引|15,880円(税込)
※ Innovative City Forum(ICF)の詳細はこちら
定員:
300名
言語:
日英同時通訳が入ります
主催:
コンデナスト・ジャパン
協賛:
森ビル
お問い合わせ:
wired-event@condenast.jp