d1-1024x768 1/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

c2-1024x706 2/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

e4a-1024x768 3/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

a3-1024x768 4/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

c6-1024x768 5/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

d5-1024x743 6/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

c5-1024x768 7/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

d4-1024x768 8/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

e1-1024x768 9/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

f5-1024x768 10/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

a4-1024x768 11/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

d3-1024x768 12/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

e2-1024x768 13/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

e2a-763x1024 14/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

b4-1024x729 15/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA

b2-1024x768 16/16 PHOTOGRAPHS BY CELINE STELLA


西洋人がサウジアラビアを描写すると、大抵はゆったりとしたローブを身につけた人々や歩き回るラクダが暮らすベージュ色の砂漠の風景が登場する。セリーヌ・ステラは、写真集『Nour』(「光」を意味するアラビア語)においてそんなありふれた描写を避け、サウジアラビアの活気ある色鮮やかな側面に焦点をあてた。

この作品では、港町ジッダ内外で見られるネオンが撮影されている。ジッダは、メッカに向かう巡礼者が立ち寄るサウジアラビア第2の都市で、派手な電飾ディスプレイを構えた店や売店、キッチンカーで溢れている。異様なほどに魅惑的なディスプレイは、遠くの客を引きつけるためにつくられたものだ。

「遠くから見ると、これらのディスプレイにはある抽象的な特質のようなものがあります──建物の輪郭はきちんと見えず、ただ不思議な、蛍光灯が光っている形だけが見えるのです」とステラは言う。「砂漠は完全に真っ暗です。そのため夜空を背景に、非常に目立って見えるんです」

フランス出身のステラは、2015年のラマダン期間中、5日間をかけてこの作品を撮影した。彼女は地元の子どもたちにフランス語を教えるためジッダに滞在していた。毎日ホストファミリーが断食の終わりに集まる夕方、彼女はドライヴァーのナワフと一緒に写真を撮りに出かけた。特にステラが探していたのは、発光しているディスプレイ──例えばミッキーマウスを乗せて電飾が施されたスクールバス、あるいは巨大な光る「歯」などだった。印象的な何かを発見するたび、彼女は素早く車から飛び降りて写真を撮った。

ステラはできるだけ目立たないように、撮影は素早く済ませるようにしていた。彼女が使用したカメラはオートフォーカスの富士フイルムの「FUJIFILM X10」だけだった。画質はそう高くないため、店が発している不気味な輝きだけが強調され、また人目につかぬよう撮影することでトラブルに巻き込まれずに済んだ。

「わたしたちの国とは違い、サウジアラビアにはストリートスナップのカルチャーがほとんどありません」と彼女は話す。「わたしは非常に基本的なアラビア語しか話せませんから、自分の作業を怪しまれることなく説明する自信はありませんでした」

彼女は約20カ所で撮影を行い、それらをまとめた写真集は2015年の初めに出版された。サウジアラビアの社会を豪華さや富の象徴だと考える人もいるが、この煌びやかな店や道路脇の屋台は、ステラがそんなサウジアラビアの社会でネオンが果たしていると主張する役割を明らかにしている。驚く西洋人もいるが、ステラにとってはネオンも砂漠や砂丘と同様にサウジアラビアを表しているのだ。

「印象的な何かをとらえたかったのです」と彼女は語る。「これらの写真を見ると、実際にその道(その国)にいた時に感じたのと同じ気持ちになりますから」