北京で、「世界最大の空気清浄機」が9月29日に稼働を始めた。

オランダに本拠を置くスタジオ・ローズガールデが中国環境保護部の支援を受けて設計したこのタワーは、北京のビル「751 D-Park」に設置されたものだ。

オランダのアーティストにしてイノヴェイターのダーン・ローズガールデ(日本語版記事)が率いる、デザイナーと専門家からなるチームは、「スモッグフリー・プロジェクト」(日本語版記事)の開発をスタジオ・ローズガールデで2013年から続けてきた。ロッテルダムでの試験運用で成功を収めたあと、「世界ツアー」を開始したというわけだ。

高さ7mのスモッグフリー・タワーは、世界最大の空気洗浄機だ。きれいな空気の塊をつくり出して、「きれいな空気を無料で」市民に提供する。スモッグフリー・タワーは、特許取得済みのオゾンを生成しないイオン化技術と、少量のグリーン電力を使って、1時間に30,000立方メートルの空気をつくり出す。

スモッグフリー・タワーは、スモッグとともに、空気中を浮遊するPM2.5およびPM10の粒子の75パーセント以上を捕捉して回収し、タワーの周囲360度にきれいな空気を放出するため、タワーを取り巻くほぼ円状の範囲で空気がきれいになるという。

スモッグフリー・プロジェクトは、「スモッグフリー・タワー」と「スモッグフリー・ジュエリー」で構成されている。

ジュエリーには、リングとカフリンクスがあり、タワーから回収したスモッグの粒子を圧縮してつくったものだ。スモッグフリー・リングを購入することにより、1,000立方メートルのきれいな空気を寄付したことになる。

スモッグフリー・プロジェクトは、ローズガールデの複数回の中国旅行、なかでも2013年に北京を訪れたときに、深刻なスモッグによってホテルの部屋の窓から外を見ることができず、子どもたちが外に出られなかったのを見た経験から生まれた。都市部に住む80パーセント以上の人々が、世界保健機関(WHO)が定めた大気の質の限度を超える汚染物質にさらされている。

なお、ローズガールデは今年、英国の「Airbnbデザイン・イノヴェイション・メダル」を受賞している(日本語版記事)。

01 1/12 ダーン・ローズガールデ作品集
Smart Highway:スタジオの代表作である「スマート道路」。日中の太陽光で充電し、夜になると発光する蛍光塗料によって、エネルギーを使わずに光を発する。

02 2/12 Smog Free Project:イオンを利用したテクノロジーによって大気汚染物質を吸収する、巨大バキューム。オランダや中国で使われている。

03 3/12 Dune:オランダ・ロッテルダムに流れるマース川沿いにつくられた、人が近づくと反応して光と音を発する「インタラクティブ・ランドスケープ」。

04 4/12 Crystal:人が触ることに反応し、LEDライトで光を発するクリスタル。ダーンはいつまでも遊んでいられるこの作品を「火星からやってきたレゴ」とたとえる。

05 5/12 Marbles:「Crystal」を大きくしたような作品。LEDとセンサーによって、人の動きに合わせて光を発する。

07 6/12 Boo:スタジオの作品にはライトを使ったものが多い。「光は人とのインタラクションをつくり出すいい方法なんだ」とダーンは言う。

08 7/12 Lotus:フランス・リールのサント・マリー・マドレーヌ大聖堂の中につくられた作品。人の動きに反応して、アルミニウムでできた花びらが開いたり閉じたりする。

09 8/12 Liquid Space:3本のアームが、人の動きに合わせて音と光を発したり変形したりする作品。2008年のYCAM(山口情報芸術センター)にも出展された。

10 9/12 Sustainable Dance Floor:人が踊ることで生まれる振動をエネルギーに変換するフロア。

11 10/12 Intimacy:心拍数によって服の透明さが変化する「テクノロジーと親密さ」の関係を表現した作品。「テクノロジーは第2の皮膚である」という自身の考えを体現している。

12 11/12 Flow:数百の換気装置が人の動きに合わせて動き、人工的な風をつくり出す「スマートウォール」。

14 12/12 Rainbow Station:125年の歴史をもつアムステルダム中央駅と、現代のテクノロジー技術を組み合わせて生まれた作品。本来は星を見るために使われる液晶技術によって虹を描いた。