8763130149_403887bf29_z

カリフォルニア州フレモントにあるテスラの工場。PHOTO: MAURIZIO PESCE (CC BY 2.0)

テスラモーターズは10月2日付のプレスリリースで、2016年第3四半期に2万4,500台を出荷したと発表した。この数には、第2四半期までに生産が完了し、輸送中だった5,500台は含まれていないという。

イーロン・マスクCEOは第2四半期、投資家と報道機関に対し、2016年末までに5万台を出荷すると明言していた。第2四半期に1万4,402台しか出荷していないことを考えると非常に高い目標だ。マスクCEOは当時の優先事項として、幹部たちが「機械をつくる機械」と呼ぶ工場を完全なものにしなければならないと述べていた。

2日付のプレスリリースによれば、第3四半期の出荷台数は、第2四半期から70パーセント増加したという。内訳は、「Model S」が1万5,800台、「Model X」が8,700台だ。

「第4四半期は、ほかの四半期より営業日が少なくなります。また、冬の気候とホリデーシーズンは出荷を妨げる要因です。それでも、生産台数と出荷台数は、第3四半期と同等か微増を見込んでいます」とプレスリリースには書かれている。「2016年末までに5万台という目標に変更はありません」

この増産が、同社の収益を改善させるかどうかはわからない。ソーラーシティの買収(日本語版記事)と「Model 3」の開発が同時に進行しているためだ。

テスラは黒字への転換を約束しているが、現在のところ、13期連続で赤字を計上している。