DSC_0260

KIROBO mini。39,800円予定。月額300円の専用アプリをインストールしたスマートフォンとBruetooth接続して使用する。

トヨタ自動車(以下、トヨタ)が、コミュニケーションロボット「KIROBO mini」を2017年に発売する。東京・愛知の一部販売店では今冬から先行販売される。

KIROBO miniは、2013年に宇宙へと旅立った「KIROBO」のプロジェクトから生まれた、新しいロボットだ。KIROBOが約30cmだったのに対し、KIROBO miniは10cmと小柄で、外出のときにも連れていくことが可能。何気ない雑談を行えること、そしてカメラが人の表情を認識することでユーザーの「感情」を汲み取ってコミュニケーションを行えることが特徴だ。会話の内容を覚えていくことで、時間が経つにつれて成長していくという。

またクルマや家(トヨタホームが手がけるシステム)とも連携し、情報を取得することで、行った場所を記憶したり(「ここ、前にも来たことがあるね」)家の状況を把握したり(「おかえり。ぽかぽかのお風呂が待ってるよ」)することができる。

答えは人にしかない

しかし、そもそもなぜ、クルマメーカーのトヨタがコミュニケーションロボットをつくったのだろう? 「根っこにあるヴィジョンは同じなんです」と話すのは、KIROBO mini開発責任者でトヨタMS製品開発企画部 新コンセプト企画室 主査の片岡史憲だ。

「トヨタはクルマという、かけがえのないココロ動かすパートナーをつくってきました。だからクルマは、『愛車』や『相棒』と言っていただけると思うんです。それをクルマとは違うかたちでやってみたいというチャレンジが、このKIROBO miniなんです」

KIROBO miniは、片岡の個人的な想いから始まったプロジェクトだ。トヨタ入社後、「ランドクルーザー」の開発や製品企画を経て、トヨタマーケティングジャパンに異動した彼は、マーケティングという仕事を通してコミュニケーションの重要性に気づいたと語る。

「(クルマをつくっているといっても)人を相手にしている以上、答えは人にしかないんです。どうすればお客様のことをもっと理解できるのか。どうすればぼくらの考えていることをもっと伝えることができるのか。そうやってクルマから離れてもっと人に注目してみたときに、こんなふうに思いました。クルマに乗っている時間が1日のうち通勤の1時間しかなかったら、あとの23時間、その人たちは何をやっているのだろう?」と片岡は言う。

「そう考えると、家にいる時間やほかの活動をしている時間にも『相棒』が一緒にいることができたら、もっと人のことがわかるんじゃないか。きっとそこでしか見えない景色があり、もしかしたらそこに(クルマだけをつくっていたらわからない)人のココロを動かすヒントがあるかもしれない。それはクルマづくりにだって生かせると思うんです」

DSC_0244

KIROBO mini開発責任者の片岡史憲(左)、コンセプトスケッチを手掛けたロボットクリエイターの高橋智隆(右)。

「やさしさ」のロボット

とはいえ、人工知能(AI)ブームに沸くいま、多くの企業が知能を備えたロボットを開発しており、既視感があるのも否めない。KIROBO miniは果たして何がほかとは異なるのか? 片岡に訊くと、「やさしさ」という答えが返ってきた。

「いま、AI開発をされている方たちの多くは『賢さ』だけを求めている。でもぼくはいつも、『賢さ』と『やさしさ』の2つの軸を考えているんです。賢さとは、すなわち機能でありファンクショナルヴァリューのこと。やさしさとは感情、エモーショナルヴァリューであり、ぼくはこのやさしさのほうを重視しています。たぶん、賢いだけで人を笑顔にはできないのです」

目の光の形が変わることによってつくられる笑ったり悲しんだりする表情や、何気ない雑談。こうしたKIROBO miniの特徴は、機能だけを求めていたら決して生まれることはなかったと片岡は言う。「確かに、多くの企業が似たことを言っていると思います。でも、体感してみていただきたい。KIROBO miniに触れて、ココロを感じたり、ココロが動くことを」

KIROBO miniは、10月7日(金)まで幕張メッセで開催されているIT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2016」にて展示中。KIROBO miniとのコミュニケーションを体験することができる。

DSC_0269