David Marcus

2016年4月12日、フェイスブックのディヴェロッパー向けカンファレンスF8にてプレゼンをする、Messengerアプリのヴァイスプレジデント、デイヴィッド・マーカス。PHOTO: AP / AFLO

Facebookで「Messenger」アプリを利用する9億人全員が、「秘密のスレッド」(Secret Conversations)を利用できるようになった。メッセージの強力な暗号化が可能で、自動的に消滅するように設定できるものだ。

フェイスブックはMessengerアプリの利用者間での暗号化のテストを7月に開始していたが、ついに公開にこぎ着けた。

これはユーザー本人の判断で利用できるオプトイン機能であり、ユーザーは自分のメッセージを暗号化して、チャットに参加している人々以外は、(運営会社であるフェイスブックや警察、諜報機関でさえも)会話を見ることができないようにすることができる。

「Messengerは現在でも安全な通信チャネルを利用しており、Messenger上でのみなさんのメッセージや通話は、すでに強力なセキュリティーシステムで保護されています」。今回のアップデートを知らせるブログ投稿のなかで、フェイスブックはそう述べている。

「しかし、セキュリティー措置を追加してほしい場合がある、というみなさんからの声をお聞きしてきました。おそらく、信頼できる友人や家族と、病気や健康問題など内密にしたい情報を話し合ったり、会計士に財務情報を送信したりする場合だと思われます」

秘密のスレッドのサーヴィスでは、Open Whisper Systemsが開発したプロトコル「Signal」を利用する。各メッセージに利用者間の暗号化を追加することにより、メッセージの傍受を不可能にするのだ。

秘密のスレッドにおける送信者と送信相手の両者がデヴァイスキーをもち、このキーを使ってメッセージが利用者間で暗号化されていることを確認できる。さらに、会話からメッセージを消去するタイマーを設定することもできる。

秘密のスレッドを始めるには、まずはホームタブから、右上隅にある「Secret」ボタンをタップし、メッセージを送信したい相手を選択する。メッセージの自動消去を設定するには、テキストボックスのタイマーアイコンで設定する。

現時点で秘密のスレッドを利用できるのは、iOSとAndroidのMessengerアプリのみに限られるため、Facebookのチャット機能や「messenger.com」ではスレッドは表示されない。秘密のスレッドを見ることができるのは、スレッドを作成するデヴァイスと、受信者がスレッドを開くために使用するデヴァイスだけだ。