1985年の発表以来、マイクロソフトのグラフィックソフト「Microsoft Paint」の実用的な使い道は限られたものだった。しかしこのソフトがついに刷新され、タッチスクリーンや高精細ディスプレイの世界で役立つものになるようだ。

Paintアプリケーションの新ヴァージョンを紹介するという動画がネット上に拡散している。Twitterユーザーの「@h0x0d」が投稿した動画では、数カ月以内にリリースされると思われる、徹底的に改良されたPaintが紹介されている。3Dモードや、タッチスクリーンとスタイラスを使ってプログラムに直接描き込める機能などが紹介されている。

動画では、人々が新しい物やデザインをつくるうえで3Dが欠かせなくなっていることを説明し、「わたしたちは、誰もが簡単に3Dを作成できるようにしました」と述べている。作成した3Dオブジェクトは、ユーザーが自由に操作したり、ほかの背景や画像の前に配置したりできる。

Video: Introducing Smart Select and Make 3D featurea of the New Paint Preview app https://t.co/SEvLqTr7kr pic.twitter.com/gl4sPW8xfG

— WalkingCat (@h0x0d) 2016年10月7日

Paintの新しいブラシは、3Dオブジェクトに対して直接使うことができる。さらに、この3D画像を2D画像やステッカーと組み合わせて、別のスタイルの画像をつくることもできる。

Paintの新ヴァージョンは「Windows 10」を対象に作成され、追加機能はマイクロソフトの拡張現実プロジェクトにも適切に対応するようだ。

マイクロソフトは2016年第1四半期に、開発者向けに拡張現実ヘッドセット「HoloLens」を発売した。北米で発売されたこの装置は完全なワイヤレスで、現実世界にデジタル画像を重ねて見ることができる。Paintで作成した3D作品を、HoloLensを通して見たり操作したりすることは想像に難くない。

関連記事:サティア・ナデラと「HoloLens」の革新

新ヴァージョンのPaintアプリケーションの一部もオンラインにリークしているようだ。米メディア『The Verge』ではそのひとつをダウンロードして、機能を検証している。

同記事によると、リークされたPaintは、5月に開発者向けにリリースされたヴァージョンだという。アプリは3Dオブジェクトに対応し、コミュニティストアから無料でダウンロードできる。

ただし、正式認可を受けていない提供元からダウンロードした製品の常として、マルウェアやウイルスの攻撃を受ける可能性がある。

新しいPaintアプリケーションのリリースは10月26日(米国時間)とされていて、マイクロソフトは発表イヴェントを計画している。同日には、「Surface」新デヴァイスや、その他のWindows 10対応製品も発表する予定だという。