mercedes-halo

メルセデス・ベンツとクアルコムは10月11日(現地時間)、メルセデスの2017年式「S550e」(主力製品「S-Class」セダンのハイブリッド版)にワイヤレス充電のオプションが加わると発表した。

ワイヤレス充電のオプションを選択すると、車庫の地面に充電用のパッドを置くことになる。パッドの上に駐車し、パッドと車両のコイルが重なると充電が開始される。

電力は3.6kWで、ハイブリッドのS550eに搭載される8kWhのバッテリーを充電するには十分だ。ただ、完全な電気自動車(EV)を充電するには、この電力では時間がかかり過ぎるかもしれない。

クルマのバッテリーをワイヤレスで充電できるこの技術は、『Ars Technica』US版が2015年4月の記事で紹介した、クアルコムの「Halo」テクノロジーを使っている。電磁誘導を利用するため、ケーブルをコンセントに差し込まなくても、ほぼ同等の効率で充電できる技術である。

オプション価格はまだ発表されていないが、S550eの希望小売価格が9万6,600ドル以上であることを考えると、この金額を出す人にとっては、簡単に手の届く価格になるだろう。

メルセデスはさらに、10月1日から始まったパリモーターショーで、70kWhのバッテリーを搭載した航続距離500キロのEVコンセプトカー「Generation EQ」を発表し、EVへの移行を積極的に進めている姿勢を明確にした。

Generation EQは将来的に立ち上げる新ブランドの第1弾で、ショールームに並ぶのは2019年だという。同じドイツ勢のBMW(日本語版記事)とフォルクスワーゲン(日本語版記事)も、EVの強化を示唆している。