“The Silk Road: who was the real Dread Pirate Roberts?”(ドレッド・パイレート・ロバーツとは誰だったのか?)と題された『Guardian』のヴィデオ。ロス・ウルブリヒトの両親や、セキュリティーやサイバー犯罪に詳しい『WIRED』US版シニアライターのアンディ・グリーンバーグ、ウルブリヒトを捕えた当局担当者のひとり、元FBIのクリス・ターベルが登場し「Silk Road」事件を振り返っている。2′20″や2′50″で映っている青年がSilk Road創始者ロス・ウルブリヒトである。

ジョエル&イーサン・コーエンが、史上最大の闇サイト「Silk Road」事件とその創設者ロス・ウルブリヒトの人生を描く映画『Dark Web』の脚本を執筆することがわかったと、『The Hollywood Reporter』が報じている。

2011年1月に世に出たSilk Roadは「闇のAmazon」とでも呼ぶべきもので、ビットコインを用いた足のつかない取引によって、ドラッグを主とする違法商品の売買から殺人の交渉までもが行われていた。13年10月にFBIによって差し押さえられるまでの間にそこで生まれた売上げは10億ドル以上にも及ぶといわれており、ダークウェブとビットコインの存在を世界中に知らしめた史上最大の闇サイトとして知られている。

その創設者とされた「ドレッド・パイレート・ロバーツ」こそが、逮捕時若干29歳の青年、ウルブリヒトだ。自由を愛した心優しきウルブリヒトだったが、Silk Road創設から逮捕に至るまでの2年強の年月のなかでやがて権力に溺れ、闇に堕ち、殺人をも厭わぬ犯罪者に成り果てることになる──。

兄弟で活躍する、映画監督・脚本家・映画プロデューサーのジョエル・コーエンとイーサン・コーエン。1984年『ブラッド・シンプル』でデビュー。代表作に、アカデミー賞脚本賞を受賞した『ファーゴ』(96年)や同賞4部門を受賞した『ノーカントリー』(2007年)などがある。動画は近作で1950年代のハリウッドで起きた誘拐事件をユーモアたっぷりに描いた『ヘイル、シーザー!』(16年)。スリラー作品を得意とし、「犯罪」をテーマに扱うことが多い。

脚本は2015年に『WIRED』US版に掲載された記事「The Rise & Fall of Silk Road」がベースになっている。現在発売中の雑誌『WIRED』日本版Vol.25でも翻訳・掲載した傑作ルポルタージュ(現在「WIRED.jp」にて試し読みを実施中!)だが、執筆したジョシュア・ベアマンは、映画『アルゴ』の原作(日本語版記事)にもなった、同じく『WIRED』US版の記事を執筆した人物だ。

映画化に際しては、『ミスティック・リバー』『シャッター・アイランド』の原作者のデニス・ルヘインが草稿を担当。コーエン兄弟が脚本を引き継ぐことになったという。

このSilk Road事件を映画化するにあたり、『ファーゴ』『バーバー』『ノーカントリー』など数々の優れた犯罪スリラーを手がけてきたコーエン兄弟以上の適任はいないといえるだろう。そんな2人が、この映画のような実話をどう料理するのかがいまから楽しみである。