Paypal co-founder Peter Thiel speaks at the Republican National Convention in Cleveland

7月21日、共和党全国党大会最終日に登壇したピーター・ティール。このトランプ劇場でティールは何を語ったのか? 詳細は連載中の「ザ・大統領戦」第11回にて。PHOTO: REUTERS / AFLO

ペイパルの共同創業者であるピーター・ティールが、ドナルド・トランプ大統領候補の選挙運動に125万ドル(約1億3,000万円)を寄付することになったと、『New York Times』紙が伝えている。

記事によるとティールは、直接、および米国の特別政治活動委員会(スーパーPAC)を通じて寄付するという。金額の大きさから、ティールはトランプ候補の選挙運動に多額の寄付を行う主要人物のひとりとなった。これよりも寄付金が多いのは2人だけだ。

関連記事:P・ティールはなぜトランプを支持するのか?

ティールは、共和党員であることを明言してトランプを支持する、シリコンヴァレーでは珍しい存在だ。グーグルやフェイスブック、アップル、マイクロソフト、IBM、アマゾンなど各社の従業員は、ヒラリー・クリントン候補に対して寄付するほうが圧倒的に多い(日本語版記事)。

トランプ候補については、2005年に録音された、性的関係の強要を自慢する発言に続き、同候補のセクハラ行為を攻撃する主張が次々に明らかになっているが、ティールは気にしていないようだ。移民排斥や貿易に対するトランプ候補の姿勢も、シリコンヴァレーの大多数の人々の不評を買っているが、ティールはこうした方針についても問題にしていない。

ティールは共和党全国大会で、トランプ候補のスローガンである「Make America Great Again」(アメリカを再び偉大に)について、いまよりもよいと思える過去を振り返りつつ、支持した。

「チャンスは至るところにありました」と、1歳でドイツから移住したころの米国について、ティールは語った。「1968年には、世界のハイテクの中心地はひとつの都市に留まりませんでした。この国全体がハイテクだったのです」

トランプ候補もそうだが、ティールはメディアと複雑な関係にある。2016年5月には、『Gawker Media』を相手取った訴訟で資金援助を行っていたことが明らかになった(日本語版記事)。Gawkerはその後破産を申請した。

事の発端は、ティールがゲイであることを暴露したGawker傘下の2007年の記事だったようだ。「このことはティールについて多くのことを説明するように思う。彼が慣習を軽視すること、確立された決まりを覆そうとすることなどだ」と同記事では述べられている。

「1世紀前にハリウッドをつくったユダヤ移民たちと同じく、同性愛の投資家は、古い制度になじむことができない。そのため同性愛の人たちは、男であれ女であれ、別の、願わくばよりよい体制を自由につくろうとする。才能のある個人を見つけて報酬を与え、彼らの仕事を世界中で解放できるような体制だ」

この記事が原因で、ティールはGawkerを相手取ったさまざまな訴訟に資金援助することを決めたと考えられている。その最大のものが、Gawkerに投稿されたセックス動画についてハルク・ホーガンが起こした訴訟で、1億4,000万ドルの損害賠償が認められた。

当時ティールは次のように語っていた。「ジャーナリストたちのことは高く評価しています。ジャーナリズムが、大規模なプライヴァシー侵害を意味するとは考えたくありません」