アプリではなくiPhoneの機能を使うトレンダーズ株式会社は16日、「ソーシャルトレンドニュース」において、新コンテンツを開設しました。ここでは綺麗に写真を撮るテクニックが記載されています。

新しいiPhoneが発売され、カメラ機能も強化されているので、iPhoneのカメラを使いこなすことで綺麗な写真を撮影することができます。

カメラの機能を有効活用する最近では簡単に画像を加工できるアプリが多くリリースされていますが、iPhoneのカメラをより知ることで、アプリがなくとも綺麗な一枚が撮影できます。

まずはHDR機能を利用すること。これは暗い場所で有効な機能です。

元画像に加えて、自動的に明るさが調整された画像がカメラロールに保存されます。

連写を行うバーストもオススメで、シャッターチャンスを1度にしぼるのは難しいものなので、バーストで撮影をしてお好みの画像をピックアップすることが可能です。

最後にムービーを使用することもオススメです。動画ではないかと思いますが、アプリを使用してムービーからお気に入りの場面を写真として保存することが可能です。

ストレージ容量が気になるときはバーストは複数枚の画像が保存され、ムービーも容量が気になるもの。そのようなときは、サンディスクのiPhone用USBフラッシュメモリー「iXpand(アイ・エクスパンド)」を使用しましょう。

iPhone本体のLightning端子に接続し、専用のアプリでデータを転送できます。これでiPhone本体のストレージ容量も気にすることなく撮影が可能になります。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※トレンダーズ株式会社 プレスリリース