ダウンロード数が100万を超える大人気アプリ街中にある無料Wi-Fiに自動で接続してくれるアプリ、「タウンWi-Fi」が現在バージョン2.6.0となり、さらなる進化を遂げました。

バージョンアップの内容は、まず対応エリアが拡大し、約400種類という日本最大規模の対応になりました。そして、街中でWi-Fiを使ったことがある人は、通信速度の遅さや繋がりにくいといった不満を抱くこともあるでしょう。

そうした声を品質改善として、Wi-Fi提供者に改善依頼が出せるようになりました。また、これまでよりもWi-Fiの安定性も向上しました。

賢く利用して通信制限対策に通信制限が気になっている人は、街中のWi-Fiを賢く利用することで、これまでよりも通信制限を気にしなくとも端末が利用できるようになります。

外出先などでWi-Fiが利用できることは知っていても、「通信速度が遅い」「使い方がよくわからない」といった理由で、Wi-Fiを切っている人も多いのではないでしょうか。

そのような人にも最適な「タウンWi-Fi」は、自動で接続と認証を行うので、わずらわしい手間を省けます。また、災害時に解放される「00000JAPAN」というWi-Fiにも自動接続できるので、万が一に備えて登録しておくと安心でしょう。


【参考】
※街中のWi-Fiに無料で自動接続して通信制限にサヨナラ - タウンWiFi