KBS週末ドラマ「王家の家族たち」(原題)が放送10話で視聴率30%を突破したことがわかった。



 30日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると前日夜7時55分に放送された「王家の家族たち」第10話は全国基準30.3%、首都圏基準32.2%の視聴率を記録したという。



 同ドラマは去る1日に初放送19.7%でスタートし、翌日23.8%を記録して20%台を突破したのに続き、1か月で30%の壁を超えた。



 これは前作「最高だイ・スンシン」が放送4か月(第30話放送)で30%を超えたのに比べるとはるかに優れた成績だ。



 またMBC「金でてこい、さっさと」の後続番組として28日9時台に初放送された「自分のために愛せよ」は第1話の視聴率10.8%(全国基準)、第2話の視聴率12.8%を記録し、SBS「ワンダフルママ」の後続番組で28日より放送された「熱愛」は第1話6.7%、第2話7.4%を記録した。