韓国アイドルグループ「防弾少年団」のSUGA(23)が「Agust D」という名で公開したソロミックステープのミュージックビデオ(MV)2編が去る8月、米国および世界で最も多く見られたK-POP MVのランキング上位圏に入り、ソロラッパーとしての底力を見せた。

 去る16日(現地時間)、米ビルボードは「2016年8月の米国および世界で最も多く見られたK-POP MV(Most Viewed K-Pop Videos in America, Around the World: August 2016)」という題目のコラムを掲載し、8月の1か月間、YouTubeで最も多い再生回数を記録したK-POP MVの順位を発表した。

 ビルボードは「防弾少年団のメンバー、SUGAがAgust Dという名でソロデビューし公開した2編のMV『Agust D』と『give it to me』がトップ10内に入った」と紹介した。

 公開された順位によると、ミックステープのタイトル曲「Agust D」MVは世界順位3位、米国内順位2位を記録。収録曲「give it to me」MVは世界順位8位、米国内6位となった。

 非商業的目的に制作し無料配布されたミックステープであり、特別なプロモーションがないにも関わらず、YouTubeでソロとしてこうした成績を収めるのは異例だ。

 SUGAは「防弾少年団」で作詞、作曲、プロデュース、ラップ制作に参加し多様な音楽的才能を発揮している。「防弾少年団」は今年下半期、2ndアルバム「WINGS」を発表し、歌謡界にカムバックする予定だ。