タレント、ハ・ジヨン(33)が韓国の人気グループ「BIGBANG」G-DRAGON(28)と日本のモデル兼女優・小松菜奈(20)の“ハッキング熱愛説”を分解した。

 去る19日午後10時、ネイバーVアプリで放送された「10PMシーズン2−一夜の芸能ニュース」ではカン・ギョンユン芸能記者が出演し、一週間の芸能情報を伝えた。

 秋夕(旧盆、チュソク)連休を賑わせたイシューと言えば、G-DRAGONと小松菜奈の熱愛説だ。2人の私生活をおさめた写真がインターネット上に流出し、日韓ネットユーザーの関心をあおいだ。

 写真が流出した経路としてハッキング説が問題となる中、MCハ・ジヨンが激昂した反応を見せた。彼女は過去、ハッキング被害に遭い、Twitter(ツイッター)を閉鎖したことがあったと言い、「気分の悪いレベルでなく、不快だった。SNSといえば、私の日常の一部が入っている。私にだけ被害が来るわけではない。私と関わりのある方々に悪影響を及ぼす」と述べた。

 ハ・ジヨンはまた「考えてみてほしい。私がどこかでビキニを着て写真を撮り、その写真を私だけが見えるようにSNSにアップした。しかし、誰かがその写真を流出し、さらに(それを)評価していたの。G-DRAGONの過ちのような気がする。公式SNSアカウントが存在しているのに、非公式アカウントが暴露されたのだから」と残念さをあらわにした。