10月2日から6日まで韓国中部の鶏龍(ケリョン)市の非常滑走路で開催される今年の地上軍フェスティバル。ユンホ(東方神起)や俳優のイ・スンギが出演するが、日程の細かいところが決まってきたので紹介しよう。


■芸能界出身兵士が毎日登場! 

 今年の地上軍フェスティバルは、10月2日の午前11時に大々的な開幕式を行なってスタートする。

 この開幕式は、アメリカの軍楽隊も出演が予定されていて国際色が豊かなものになりそうだが、プログラムには「芸能界出身兵士の公演」も予定されている。この開幕式で、いきなりユンホやイ・スンギの出番があるかもしれない。

 さらに期待できるのが、主要公演場で予定されているプログラムだ。10月2日から6日までの5日間、午後1時30分から公演が行なわれるが、連日のように芸能界出身兵士の出番が想定されている。

 特に、10月4日(火曜日)の公演では芸能界出身兵士の出演が多くなりそうだ。


■5人の出演が確定

 地上軍フェスティバルの実行本部が発表している芸能界出身兵士のリストは次のようになっている。

◆イ・スンギ
◆チョン・ユノ(「東方神起」ユンホ)
◆シン・ドンヒ(「SUPER JUNIOR」シンドン)
◆イ・ヒョクチェ(「SUPER JUNIOR」ウニョク)
◆イ・ソンミン(「SUPER JUNIOR」ソンミン)

 リストの中ではイ・スンギが最上位に書かれている。それだけ、イ・スンギの出番が多いということだろう。

 彼は、今年2月に入隊して現在は特戦司令部で軍務中だが、今回の地上軍フェスティバルでは広報モデルも務めていて、ポスターにも大きく登場した。

 軍務も模範的にこなしており、間違いなく今回の地上軍フェスティバルの主役の1人になる。


■ユンホの活躍が楽しみ! 

 リストの二番目に名前があったのがユンホである。

 彼は、今回の地上軍フェスティバルの広報映像でもすばらしいダンスを披露しており、イ・スンギと一緒に主役を担う存在だ。今は上等兵に昇格していて、二等兵として参加した昨年の地上軍フェスティバルとは明らかに立場が違う。企画・運営面でも手腕を発揮してくれることだろう。

 イ・スンギとユンホの他にも、「SUPER JUNIOR」のシンドン、ウニョク、ソンミンの3人が出演リストにしっかり入っている。彼らの活躍にも期待したい。

 陸軍が総力を挙げて開催する世界最大級の軍広報イベントの地上軍フェスティバル。会場となっている鶏龍市の非常滑走路にソウルから行くためには、ソウル市内の龍山(ヨンサン)駅からKTX(高速鉄道)に乗ればいい。約1時間25分で鶏龍駅に到着する。

 その鶏龍駅からは、列車到着に連結する形でシャトルバスが運行されていて、会場まで迷わず行くことができる(シャトルバスの運行時間は午前9時20分から午後2時20分まで)。なお、地上軍フェスティバルの入場は無料となっている。


文=「ロコレ」編集部
(ロコレ提供)