※ネタバレになる内容が含まれています。



 20日に放送されたSBSドラマ「月の恋人−歩歩驚心:麗」(邦題「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」)では、ワン・ソ(イ・ジュンギ)が王になる幻想を見るヘス(IU)の姿が描かれた。

 ワン・ソの雨乞いの祭りに雨が降り、太祖(チョ・ミンギ)はワン・ソを呼んで労った。ワン・ソは初めて「父さん」と呼び、太祖はワン・ソに「もっと堂々としろ」とアドバイスした。

 その後、ヘスは自分の術でワン・ソがそうなったと思い、混乱していた。ワン・ソが王になり、兄弟間に刃傷沙汰になるのを知ってそれを止めたかったのだった。

 ヘスは、ジモン(キム・ソンギュン)の所へ行ってアドバイスをもらった。ジモンは「絶対に介入するな」と言った。しかしヘスは、ワン・ソの未来を変えると決心する。

 ワン・ソは太祖にヘスをほしいと言い、太祖は「側で補弼しろ」と言ってヘスの地位を高めてワン・ソを守らせた。