韓国の有名女性歌手ら芸能人を資産家と売春させるよう繋ぎ、その代価を受け取った容疑で裁判に移されたブローカーが一審で実刑判決を言い渡された。

 ソウル中央地裁刑事14単独イ・サンヒョン部長判事は21日、売春処罰法上売春斡旋などの容疑で起訴された芸能企画会社代表カン某被告(42)に懲役1年6月と罰金1500万ウォン(約150万円)、追徴金1200万ウォン(約120万円)を宣告した。

 共に起訴されたカン被告の会社理事パク某被告(34)には懲役1年と罰金1000万ウォン(約100万円)および追徴金250万ウォン(約25万円)、売春斡旋に加担したイム某被告(40)ら3人にはそれぞれ、罰金400万ウォン(約40万円)または600万ウォン(約60万円)を宣告した。

 カン被告は昨年3月、米国・ロサンゼルスのホテルで芸能人イ氏が資産家から金を受け取り性的関係を結ぶよう繋いで、資産家から1万ドル(約110万円)を受け取った容疑がもたれている。カン被告はまた同年4月、パク被告と共謀してチェ某氏と資産家の売春を斡旋し、その代価として2万5000ドル(約270万円)を受け取った疑惑もある。さらに、カン被告らは昨年5月、別の女性芸能人と芸能人志望生の売春を斡旋し、資産家から2万3000ドル(約250万円)を受け取ったとされる。

 一方、検察は女性芸能人4人と資産家の男性2人を罰金刑に略式起訴し、裁判所は彼らに略式命令を下した。このうち女性1人は無罪を主張し正式裁判を請求したが、その後、訴訟を取り消し刑が確定した。