9月10日(土)に「SHOW ME THE MONEY & UNPRETTY RAP STAR JAPAN SHOWCASE Vol.2」が東京・渋谷WOMBLIVEで開催された。

 2012年に韓国Mnetでスタートしたラッパーサバイバルオーディション番組「SHOW ME THE MONEY」は、2015年放送のシーズン4では約7000人の志願者が集まるなど若者を中心に大人気のテレビ番組。さらにスピンオフとして2014年にスタートした「UNPRETTY RAP STAR」では、韓国初の女性ラッパーコンピレーションアルバムの制作をかけて女性ラッパーたちが激しいバトルを繰り広げた。男性、女性ともにHIP HOPブームを牽引した人気番組に出演し、大きな反響を呼んだラッパー4名が日本で2回目となるショーケースを開催した。

 トップバッターは、「UNPRETTY RAP STAR 2」に無名ラッパーとして出場し、秘めていた実力でその名を一気に轟かせ、優勝を勝ちとったTruedy。彼女の魅力である力強いボイスで、1曲目「First」を披露。観客とのコールアンドレスポンスも決まり、盛り上がりを見せた。歌い終わると「みなさん、はじめまして。私はTruedyです。どうぞよろしくお願いします〜」と日本語であいさつ。そして「次の曲にいきます! 」と、2曲目「All Kill」が流れ始める。Truedy の「Everybody say! 」に、「All kill shit! 」と大きな声で応える観客を見て、うれしそうな笑顔を浮かべた。続けて「自尊心」、ラブソングの「Much Much」、最後は「Ruedy Boogie」を披露した。力強いパフォーマンスと、「ありがとうございます」と途中で見せる可愛らしい姿で、Truedyの魅力の詰まったステージとなった。

 続いては同じく「UNPRETTYSTAR 2」に出演し、人気を集めたHeize。ことし4月に開催された「KCON 2016 Japan」にも参加し、日本でも人気を伸ばしているHeizeが「Me Myself & I」を歌いながら登場すると、会場から大きな歓声が上がった。歌い終わると「すごい! 」と、観客の熱い反応に驚きを見せた。「こんばんは。私はHeizeです。みなさんと早く会いたかったです」と日本語であいさつ。会場からは「かわいい! 」と声が上がった。

 2曲目は「Don't Come Back 」をしっとりと歌い上げた。そして「私が日本に来ると決まった時、みなさんのために何ができるかなと、悩みました。それで、日本の歌を準備しました」と、「m-flo」の「Let go」を披露し、会場は感動的な雰囲気に包まれた。続いて「And July」、「UNPRETTYSTAR 2」で「EXO」チャンヨルとのコラボステージで話題を呼んだ「稼がないで」を披露。韓国から持ってきたという飴を会場に投げたり、ハートポーズを送ったりと、ファンサービス抜群のステージとなった。

 次のステージには、過去に「Dear Mama feat. 小田和正」、「ff(フォルティシモ) / LGYankees × 大友康平」、「春風 feat. 渡辺美里」など、世代・ジャンルを超えた驚異のコラボレーションが話題となったLGYankeesが登場。「UP GIRL」、「Drink it, my SAKE NINJAS」を続けて披露し、会場を盛り上げた。短いながらもインパクトのあるステージを見せ、会場を後にした。

 続いて登場したのは、HI-LITE RECORDSに所属する個性溢れるHIP HOPアーティスト、G2。「SHOW ME THE MONEY 5」に出演し話題を集めたG2のステージは、「Big Dusty」からスタート。観客とのコールアンドレスポンスもバッチリと決まり、1曲目から盛り上がりを見せた。「Comfortable」が始まると、観客は一緒に歌いだし、会場は一体となった。

 続いて「Dokkaebi」、「Not The Same Person You Used To Know」と、迫力のあるボイスで歌い上げた。続いて「Don't Sleep 」、「Paradise」をReddyとともに披露し、会場はさらに盛り上がった。ペットボトルの水を観客に撒いたりと、熱く激しいステージとなった。

 そしてそのままReddyのステージへ。Reddyは音楽だけでなくデザイナー、ファッションモデルなどとしても注目されているミュージシャン。パク・ジェボムがフィーチャリングで参加したシングル「Think」を発表後、「SHOW ME THE MONEY 5」に出演し、セミファイナルまで進出し話題を集めた。カリスマ溢れるReddyは「$insa」、「Wanted」を続けて披露。「こんばんは、Reddyです」とあいさつし、感謝を述べた。「Think」、「Ocean View」を披露し、続いての「Like This」では、ステージ下に降り観客と触れ合いながら、ステージを楽しんだ。「SHIKGOO」では再びG2がステージに登場。そのまま「Turtle Ship Remix」も歌い上げ、2人の異なるボイスがマッチし、会場は盛り上がった。

 最後には出演者の4人がステージに揃い、ファンと写真を撮ったり、手を振りあいさつを交わしたりと、ファンとの交流を楽しんだ。それぞれ異なる個性的なステージを見せてくれた4人。大盛り上がりで公演は幕を閉じた。