8月30日に2ndシングル「ROCK this WORLD」を発売し、この夏はリリースイベントの為に日本各地でファンと一緒の時間を過ごしてきた「MR.MR」が、その活動の集大成として9月22日(木)東京・下北沢GARDENにてワンマンライブ2016 「ROCK this WORLD」を開催した。

 「MR.MR」は2012年10月に韓国でデビュー、2016年2月に1stシングル「Just 1 Light」で日本デビューを果たした。グループ名の「MR.MR」には「男の中の男」という意味があり、メンバー全員が身長180cm以上を誇るヴォーカリストで、スウィートかつパワフルなパフォーマンスが魅力だ。

 ライブの始まりを告げるオープニングムービーでは、隠れ家のようなバーでバーテンダーに扮するサンヒョンからグラスを受け取りカウンターに腰掛けるテイ、ギターをつま弾くドヨンに、カードゲームに興じるチャンジェとジェミン、という大人っぽいシチュエーションが展開する。
そのシックなムードの中ステージ上に黒いレザー風の衣装でメンバー5人が登場し、「Waiting for you」で口火をきると、颯爽とジャケットを脱ぎ捨てて「皆さん、盛り上がる準備はいいですか! 」、「東京叫べー」と、立て続けに今回のワンマンライブのタイトルにもなっている「ROCK this WORLD」で会場を揺らす。その長身から繰り出される迫力のパフォーマンスからは、ステージの枠を壊してしまいそうな程のパワーの漲りが伝わった。

 スタートから2曲で早くも会場をヒートアップさせたところで、リーダーのチャンジェが音頭を取り「こんにちは! 男の中の男、『MR.MR』です。僕たちのワンマンライブ2016にようこそー」とこの日最初のあいさつをファンと交わす。「今日の舞台は、『MISO』(=「MR.MR」のファン)の皆さんの為に一生懸命準備してきました。盛り上がっていくぜ! 」とドヨンは激しいパフォーマンスであがった息もそのままに熱くファンに呼びかけ、続く「OUT」ではセクシーな歌声とダンスで客席をさらに熱狂させた。

 次のMCタイムでは8月30日にリリースした2ndシングル「ROCK this WORLD」が話題の中心に。ジェミンが「皆さんのおかげでオリコンデイリー4位、ウィークリー20位になり本当にうれしいです! みなさんありがとうございます」と告げると、客席からも大きな拍手が巻き起こった。「2ndシングルの活動を色々しましたがどうでしたか? 」というチャンジェの問いかけに、ジェミンは「僕は本当に、んー、良かったと思います」とシンプルに答えると「じゃあ終わり」とチャンジェにスッパリときられてしまう。そのコミカルなやりとりに客席が笑いに包まれる中、サンヒョンが「『Just 1 Light』の時はもっと色んな場所で公演をしましたけど、『ROCK this WORLD』は公演がちょっと少なくて寂しかったです」と話すと、ジェミンは名誉挽回とばかりに「でも、でも〜たくさんの皆さんに会えてうれしかったです」とファンへの思いを笑顔で伝えた。チャンジェも「もちろんだよ! 」とジェミンに同意し、「今日のライブは僕たちにとって本当に大事な舞台です。全力で走るので皆さん、一緒に行きましょう」と力強いリーダーシップを見せた。

 この日の為に特別に準備されたというスペシャルステージでは、まず末っ子チームのサンヒョンとジェミンによるユニットが、「いきものがかり」の「YELL」のカバーを情感たっぷりに披露。チャンジェ、テイ、ドヨンのお兄さんチームからも「末っ子たち頑張ったね」、「すごくかっこよくなった」という賞賛を集めた。この曲はジェミンが推したということで、何か曲のエピソードはないかとチャンジェが聞いたところ「サンヒョンと目を合わせて歌うところがあるじゃないですか? その時正直ちょっと気持ち悪かった」という思いがけない告白がジェミンから飛び出して会場がどよめく。「じゃがいもだと思って見ていました」というジェミンに、サンヒョンも「僕も気持ち悪かった。見つめる時の雰囲気とか空気とか、あ〜」と返し、匂いがきらい、汗がきらいだと末っ子同士で子供のような言い争いに発展してしまう。もちろん冗談交じりのやりとりではあるが、見かねたチャンジェがリーダーらしく「わかったから、次のステージの為に着替えてきて。戦わないで」と2人をなだめ、テイも「(ケンカは)後で楽屋でお願いします」と衣装チェンジの為に舞台袖へ戻るサンヒョンとジェミンを見送った。

 2人を待つ間チャンジェが、最近ドヨンが日本の歌を練習していると切り出し「毎日歌っているから僕はちょっと飽きてきたけど、皆さんは聴いたことないから歌ってみて欲しい」とリクエスト。ドヨンが中島美嘉の「流れ星」の一節を甘い歌声のアカペラで披露した。
そこへ戻って来たサンヒョンとジェミン。日本語の勉強をすごく頑張っているというサンヒョンについてドヨンが「文法を時々間違っていたりして面白い」と言うとサンヒョンは「かわいいでしょ? 」とまったく意に介さずに元気よく客席のファンへ愛嬌を振りまく。「照明が当たっているだけでどんどん出てくる」というジェミンの汗にテイがふれると、ジェミンは「皆さん、なんか汗が止まる手術とかないですか? 」と客席へ問いかけて笑いを誘った。愛されキャラ、いじられキャラの末っ子チームはファンとのコミュニケーションの取り方もばっちり心得ている。

 和やかな雰囲気の中、「次はバラードを中心に歌いたいと思います」、「甘い曲を聴いてください」と切ない恋心を歌った「She is so beautiful」、爽やかなメロディーの「My Girl」と続けて披露。男らしいハードなステージとは一変、メンバーたちは客席のファンと一緒にペンライトをリズムに合わせて振り、リラックスした表情を見せた。
日本でデビューしてから、様々なイベントやキャンペーン活動で日本各地を巡ってきた「MR.MR」のメンバーたち。ライブの合間に流れる映像では1stシングル「Just 1 Light」そして2ndシングル「ROCK this WORLD」のミュージックビデオ撮影のビハインドシーンや、日本各地で行われたリリースイベントの様子が流され、ファンと共にこの半年間の思い出を振り返った。

 メンバーも今までに訪れた街での思い出を語り、ジェミンが「名古屋の手羽先また食べたい〜」と思いをはせると、ドヨンは札幌を挙げて「スープカレーがとっても美味しかった。最近ではカレーの為に生まれたんだと感じています。寝る前にいつも思い出して寝られなくなります」と並々ならぬスープカレーへの思いをアピール。テイは「大阪の道頓堀、また行きたいです。そこでたこ焼き食べながら川を見たよね」と話し、他のメンバーたちもグリコのロゴマークや関西弁トークで盛り上がった。サンヒョンが「僕は秩父。本っ当に良いところです。ステーキも、温泉も良かった」と切り出すと、チャンジェも「蛍もいたね」と思い出を振り返り「まだ行ったことのないところも行きたいですね。皆さんが友達を誘ってくれたらきっと行けると思うので、一緒に頑張ってください! 」と会場のファンへ呼びかけた。

 あたたかい雰囲気の中全員で「It’s you」を歌った後は、テイのスペシャルソロステージ。その圧倒的な歌唱力でMISIAの「逢いたくていま」を熱唱。新たな感性でオリジナルに負けないパワーを注ぎ込んだ。

 さらにスペシャルステージは続き、次はメンバー自身が振り付けを考えたというダンスパフォーマンスが繰り広げられた。音楽のチョイスも個性豊かに、ドヨンは迫力あるブレイクダンスを、チャンジェはロックスタイルで、サンヒョンとジェミンはそれぞれ愛嬌ダンスで笑顔を誘い、テイは男らしくセクシーなダンスで魅せ、「MR.MR」のパフォーマンス力の幅の広さを見せつけた。 ライブはクライマックスへ向けてさらにヒートアップしていく。「Highway」で“男の中の男”スイッチを入れると、「Who’s that girl」、「Big Man」から本編最後の曲の「Tiger&Lion」まで、クールでセクシーな表情でファンを魅了した。

 「僕たちはことし2月に日本でメジャーデビューして、今日まで本当に早かったですね。色々な場所に行ってリリイベしたりライブをしたり、すごく楽しかったです! まだまだ皆さんとたくさん思い出を作りたいので、皆さん一緒に永遠に行きましょ! 」とこれまでの活動を振り返るチャンジェ。そして新しいニュースとして「MR.MR」の3rdシングルのリリースが発表され、会場は歓喜の声で埋め尽くされた。

 ファンの熱い声に迎えられ、アンコールではラインストーンに彩られたブラックスーツで再登場したメンバー。「約束」そして、まさに今の彼らのテーマソングとも言える「夢の途中」をファンへ届け、「僕たちは『MR.MR』として活動して、良いことも困難なこともありました。途中で夢をあきらめそうになったこともありますが、『MISO』の皆さんの応援のおかげで、今このステージに立つことができていると思います。僕たちにはまだまだ皆さんの力が必要です! 」とリーダーのチャンジェの口からここまで「MR.MR」を支えた日本のファンへの感謝の気持ちが語られた。

 最後にライブを締めくくる曲は日本デビューシングルの「Just 1 Light」。ただ1つの小さな希望を胸に抱き進み続けるという「MR.MR」の確固たる意志が歌声とパフォーマンスに込められ、華麗なジャケットさばきと甘い目線に客席からの歓声も最高潮に。
充実感を瞳にたたえ、「MR.MR」のメンバー5人は惜しみない熱い拍手が響く中「また会いましょう! 」と元気よくステージを後にした。