※ネタバレになる内容が含まれています。



 26日に放送されたKBSドラマ「雲が描いた月明かり」11話では、ラオン(キム・ユジョン)にふざけるヨン(パク・ボゴム)の様子が描かれた。

 サンイク(チャン・グァン)はラオンの正体を知って「お前を捜すために長い時間さまよった。お前に話がある、ラオン」と言った。

 しかしちょうどヨンが現れ、サンイクは「この子は覚えていないが、幼い頃に私と縁を結んだことがある」と言ってラオンを任せた。

 ヨンはラオンのおでこに点を書いてふざけた。ヨンは頬を膨らませるラオンに「ずっと前から私はお前に目を付けておいた。それはその“目”だ」といってドキドキさせた。