ことし5月に行われた無料招待イベント「Royal Mekorial Ceremony Vol.0〜春の心」で日本での本格的な活動のスタートを切った「Boys Republic」が日本デビューを記念し映像作品「Only Girl」を制作。9月27日(火)東京・ユナイテッド・シネマ豊洲にて一夜限りの上映会「Only Girl〜first movie〜」を行った。

「Boys Republic」は、ウォンジュン、ソヌ、スウン、ソンジュン、ミンスの5人組韓国ボーイズグループ。「Boys Republic」(少年共和国)というグループ名は「音楽を通じて伝えたいことを伝える、そして人々とコミュニケーションできる空間(国)」という意味を持つ。2013年韓国デビュー、リリースの度に様々な表情を魅せるアーティストとして確実に成長を遂げ、活動はアジアだけに留まらず、2015年には7ヶ国8都市をまわるヨーロッパツアーを実施し、世界のロイヤルファミリー(彼らのファンの名称)を魅了した。韓国で音源がリリースされる度に日本でも注目され、イベント等にも多数出演してきており、日本デビューも期待されていた。

 本イベントは、上映前に 「Boys Republic」メンバーのあいさつから始まり、ドラマやデビュー曲のエピソード、デビュー曲「Only Girl」のパフォーマンス披露、映像作品「Only Girl」の上映と進行された。

 会場のドアから、颯爽と5人が登場し、ファンの大歓迎の中ステージへ。「せーの、『Boys Republic』こんにちは、『Boys Republic』です」と元気よく笑顔であいさつし、5人の自己紹介からトークがスタート。

 まずは、ドラマのお気に入りポイントを聞かれると、ソヌは、主人公を探すため走る部分が本当に大変だったと言い、数歩だけ走る真似をして会場の笑いを誘った。スウンは自分のキスシーンが、セクシーだとアピールし、初めてで本当にドキドキだったと告白。
ファンをやきもきさせるが、ほんとはやってないよと暴露し、ツンデレぶりを発揮。

 週3回日本語のレッスンをうけているというメンバーは、トーク中のMCとの掛け合いも日本語でがんばり、時々言葉に詰まり、考えている姿も、可愛らしいくファンの心を掴んだ。
初の日本オリジナル楽曲となるデビュー曲「Only Girl」について話すと、ファンのために「Only Girl」のパフォーマンスも披露した。

 エレクトロ系のソリッドなダンストラック、キャッチーなメロディ、心を射抜かれた女の子へのストレートな感情を描いた歌詞の同曲で、ファンをメロメロにした5人は、笑顔で手を振りながら退場。

 ここからファンおまちかねの上映会が始まった。
9月28日発売のデビューシングル「Only Girl」を記念して作られた映像は、ことし7月に日本で初めて行ったワンマンライブの模様と、今作品の為に撮影されたドラマ「Only Girl」。
ドラマ「Only Girl」は、脚本・監督 田中早苗により、日本人女子(柳生みゆ)へのピュアな片思いをボイリパ(=「Boys Republic」)として演技したオリジナルストーリーで彼らが日本語のセリフにも挑戦した意欲作だ。さらに本格日本上陸について語るメンバーの単独インタビューを来日ドキュメントとして編集。今のボイリパをたっぷり知ることのできる作品となっている。

 さらに「Only Girl〜first movie〜」一夜限りの上映会のはずが、11/12(土)から、新宿にて期間限定公開になるといううれしいニュースも発表された。また12月にはワンマンライブも決定し、「Boys Republic」のことしの冬は熱くなりそうだ。

 詳しいレポートは後日掲載いたします。