韓国映画「ゴールデンスランバー」の制作会社が、俳優カン・ドンウォンが出演を確定させたとの報道に困惑している。

 映画「ゴールデンスランバー」側は29日午前、「カン・ドンウォン側と作品について協議しているのは事実だが、確定ではない。すでに記事が掲載されているようで、困惑している」とし、「この作品は、数年という長い時間をかけて準備してきたもの」と強調した。

 映画「ゴールデンスランバー」は、2010年に公開された同名作品をリメイクしたもの。平凡な宅配ドライバーが権力の陰謀に巻き込まれ、大統領暗殺という謀略を任されるストーリー。カン・ドンウォンは宅配ドライバー役としてオファーを受けた、と伝えられている。