ガールズグループの練習生を対象にしたMnetのオーディション番組「プロデュース101」側が、シーズン2の制作に関して「進行に特に問題はない」と一部で広まっている心配を一蹴した。

 「プロデュース101」関係者は29日、「男性練習生を対象にしたシーズン2は、最初から来年の初めに放送するつもりだった。所属事務所に在籍する練習生のキャスティングを夏に始めたが、本格的な出演日程の具体的な計画はなかった」とし、「『プロデュース101』シーズン2の進行に特に問題はない」と明らかにした。

 「プロデュース101」を指揮していたハン・ドンチョル局長はシーズン1終了後、「キャスティングを夏頃に始め、制作を9〜10月頃に考えている」とインタビューで話していたことがあっただけで、Mnet側が公式発表したことはなかった。

 Mnet側は「『プロデュース101』シーズン2の制作は計画通りに進んでいる。番組を担当する制作陣もそのうち結成するつもりだ」と説明した。

 ことし上半期に放送された「プロデュース101」は、46の芸能事務所、101人の練習生が集まって競い合うサバイバル番組。最後の11人に選ばれたメンバーは「I.O.I」としてデビューし、グループやユニットとして活動している。10月17日には新曲が発表される予定。