ソ・イングクがキム・ビョンマンなしの生存に突入した。

 30日午後放送されたSBS芸能番組「ジャングルの法則 in モンゴル」でキム・ビョンマン、イ・チョンヒ、キム・ミンギョは制作陣の意向に従って、西アルタイ山脈に移動した。

 これで族長なく朝を迎えることになった4人は、朝からカモ狩りをすることを決めた。ソ・イングクは、「族長がないことが負担になった。何か分からない責任感が生じて、餓死させてはいけないと思った」と話した。

 また、KangNam(M.I.B)はソ・イングクと一緒にいることへの満足感を表わし、「イングクとはすごく親しくなって、何かになりそう」と伝えた。