韓国SBS「ジャングルの法則」制作陣が歌手チョン・ジュンヨン(27)に対し、最小限の出演とする編集を予告した。KBS2TV「1泊2日」とtvN「お家ごはんペク先生2」の出演中断に続き、チョン・ジュンヨンは事実上、放送活動をすべてを自粛することとなった。

 SBSは4日、報道資料を通して既に撮影を終えた「ジャングルの法則」のチョン・ジュンヨン出演分量に関して、「可能な限り編集する」と明らかにした。別の出演者との掛け合いで編集に困難が予想されながらも、最小限の分量で放送する方針だ。

 これを前に彼がレギュラー出演中の「1泊2日」もチョン・ジュンヨンなしのメンバー5人で撮影を終えた。また、収録済み分に関してもチョン・ジュンヨンの登場を最少化して放送した。tvN「お家ごはんペク先生2」も同様だ。自粛の時間を設けるとする彼の意思により、これ以上の出演は白紙となった。事実上の放送中断だ。

 一方、歌手チョン・ジュンヨンは元恋人からセクハラ疑惑で告訴された。元恋人はその後、告訴を取り下げたものの、ある韓国メディアの報道でチョン・ジュンヨンが隠しカメラで性的動画を撮影したとする疑惑が持ち上がった。これについてチョン・ジュンヨンは記者会見を開き、「同意のもと冗談で撮影し、すぐに削除した」と釈明した。