メンサ(MENSA、人口上位2%の知能指数を有する者の非営利団体)会員となった韓国アイドルグループ「Block B」のメンバー、パクキョン(24)が心境を明かした。「こっそりと受けた試験なのだが、うれしく、感謝している」と謙遜した。

 パクキョンは4日、「落ちても誰にも言わないでいようと、本当にこっそりと受けた試験だったのだが、合格してとてもうれしい」と合格の喜びを表現した。「これによって人々が僕のことをもっと知り、僕の音楽にも多くの関心を持ってくださればうれしい」と付け加え、歌手としての本分も忘れなかった。

 また、「こうして試験を受けるよう促してくれた『脳セク時代』チームに心から感謝する」とし、受験するに至る決定的な契機となったtvN「脳セク時代」スタッフに感謝の意を伝えた。

 パクキョンは「脳セク時代」スタッフの提案でメンサ試験を受けることになり、初めての受験で合格。4日、この事実が伝わり大きな話題となった。パクキョンはこれまで、tvN「脳セク時代」の末っ子メンバーとして、チョン・ヒョンム、イ・ジャンウォン、キム・ジソク、ハ・ソクジンらを脅かす問題読解能力を見せ、優れた頭脳をアピールしてきた。