俳優マ・ドンソクとミンホ(SHINee)主演の映画「二人の男」が、第21回釜山国際映画祭に招待された。

 映画「二人の男」は、家庭が崩壊して世間に放り出された4人の10代の子供たちと彼らを追う男のストーリーを描いた作品。マ・ドンソクとミンホは本作で、家出青少年を雇う不法カラオケ店の社長であるヒョンソクと、10代の家出少年チンイルに扮して熱演を展開する。

 本作は第21回釜山国際映画祭ワールドプレミア(World Premier)で上映される。

 ミンホは6日に海雲台(ヘウンデ)「映画の殿堂」で開催される釜山国際映画祭の開幕式のレッドカーペットイベントに参加する予定だ。また映画上映後に開催されるGV(Guest Visit)の最終日である11日にイベントに参加する。

 映画「二人の男」は来年2月に韓国で公開予定だ。