韓国アイドルグループ「SUPER JUNIOR」リョウク(29)が11日午後、忠清北道(チュンチョンブクト)曽坪郡(ジュンピョングン)にある37師団新兵教育隊に入所し、5週間の基礎軍事訓練を受けた後、21か月、現役で服務することになる。

 この日、リョウク(SUPER JUNIOR)は入隊前にファンと会い、あいさつを交わす時間を設けて最後のあいさつを伝えた。現場にはしばらく会えないリョウクに会うために数百名のファンが集まった。世界を網羅するグローバルスターらしく様々な国からファンが集まった。

 リョウクの登場に歓声があがった。彼は短くした髪を触りながらややぎこちないようすで登場し、取材陣の前で「行ってきます」と短くあいさつした。続けて「2018年7月に除隊します。元気にきちんと終えて戻ってきます。このように来てくださりありがとうございます」と述べた。

 その後、同じグループのメンバーであるイトゥクと共にファンと最後のあいさつを交わす時間を設けた。イトゥクは「リョウクがファンとあいさつをしたいと、場を設けてほしいと言いました。もうたくさん見送って慣れたでしょ? 」とリョウクを紹介した。

 リョウクは「忘れずに来てくれてありがとうございます」と現場に集まった外国人のファンのために、英語や中国語、日本語であいさつを伝えた。続けて「元気に行ってきます」と話してファンと写真撮影をした。一部のファンは涙を流し、彼を見送った。

 リョウクは「SUPER JUNIOR」のメンバーのうち、10番目に入隊する。今回、リョウクの入隊で、残りは末っ子のキュヒョンのみとなった。