スカパー!  × KBS Worldオリジナル韓流ドラマ「君を守りたい〜ONE MORE TIME〜」の10月26日(水)放送開始を記念して、第 1 話先行試写会および主演エル(INFINITE)のトークショーを10月10日(月・祝)、東京・山野ホールで開催した。

 本イベントは、まずMC古家正亨が登場し、「『君まも』の世界観に浸ってください」の振りから、韓国で話題の WEB 漫画「別れた翌日」を原作とし、スカパー!  と KBS World が制作したファンタジーラブコメ「君を守りたい〜ONE MORE TIME〜」第1話の先行試写が始まった。

 ドラマは、小さなライブハウスで、ギター&メインボーカルのユ・タン(エル)に熱い視線を送るダイン(ユン・ソヒ)のシーンからスタート。二人の幸せそうなシーンでは、アコースティックギターの調べが、効果的に使われ、爽やかさを演出。10年付き合ったという二人には、ポッポシーン(キスシーン)も何度となくあり、キュンとさせる。
しかしバンドは、無名のまま。だんだん気持ちは、すさんでいき、恋人にも八つ当たり、恋愛も、うまくいかなくなっていく。そんな時、大手レコード会社の美人取締役から、ユ・タン一人だけメジャーデビューを提案され、初めは断るものの、結局は応じ、酔っ払った挙げ句、湖で溺れて…。

 これから、どうなっていくのか? と大いに期待させる1話先行試写会のあと、主演である「INFINITE」のメンバーで俳優としても活躍中のエルが登壇し、MC古家とのトークショーを行った。

 黒のスーツにタートルネックのニットという秋らしい装いで登場し、そのスタイルの良さと「皆さんのボーイフレンド、エルです」の甘い言葉で、会場を一瞬で悩殺。「観ましたか? 皆さん? どうでしたか? 」と観客の反応が気になるエルは昨日も撮影があり、今朝来日したという。
明日の撮影のために今夜には帰国するというハードスケジュールのエルは、「(皆さんに)会いたいですから。ヘヘッ」と子供のように笑うと、会場には黄色い声が上がった。

 同ドラマが初めての主演ということに、「自分でも気持ち良いですね」と清々しい笑顔で答え、初主演へのプレッシャーについて質問されると「ドラマの撮影より、今の方が緊張してます。撮影現場には慣れているけれど、放送前に放送という形ではなく、僕を愛してくださるファンの皆さんにお見せしたので、とっても恥ずかしいです」とはにかみながらも、素直な気持ちを述べた。

 そんなエルをからかうようにMCの「ポッポのシーンたくさんありましたね? 」の言葉には「え〜?! え〜? !? 覚えてません! 」と言った後「記憶はないよ」と棒読みのように日本語で言って笑いを誘い、ファンへの気遣いを見せた。

 また、第1話では、自由気ままに生きているように見えるユ・タンのキャラクターについて「僕と比較すると、ユ・タンはストレートな人物。僕は発言する時、どの言葉が良いかな? といろいろ悩むから、そこが違うんじゃないかな? 僕としては、皆さんがエルとユ・タンのどっちの性格が良いか、とっても気になります。(日本語で)皆さんは、どっちのスタイルが良いですか? 」と会場に投げかけると「エルー! 」とたくさんの声が返ってきた。

 「やっぱり! 」とファンを指差し、満足気なエル。さらにユ・タンの性格を「INFINITE」のメンバーであるソンヨルに例え「僕と正反対の性格なので喧嘩もたくさんしました」とメンバー間のエピソードも披露。
さらに「今までは、自分の中にあるものを引き出して演じていましたが、今回は、ユ・タンという人物になりきって演じ、今までの演じ方とは違うので、その分キャラクターに、はまり込んでいます」と、今回一番頑張った部分を告白した。

 イベント中盤にはドラマのメイキング映像がスクリーンに。いろいろな起き上がり方や怒り方などを試しているエルの姿に、ファンは釘付け。
「こんなの撮ってるなんて知らなかったので、僕は今、皆さんと同じで、『僕、こうやってたんだ! 』(って気持ちです)。今日の試写会楽しいね」と本人もご満悦の様子だった。

 「もっと見たい」と催促し、次のメイキングへ。恋人が作ってくれた手編みのマフラーを投げつけるシーンを観ていたエルは、スクリーンに向かって「ごめんね」とつぶやき、ファンをメロメロにした。そして、「皆さん1話ご覧になったじゃないですか。2、3話になると、もっと悪い人間になるんですよ。でもガラッと変わるので、楽しみにしていてください」とドラマへの期待値をアップさせた。

 3つ目のメイキングでは、先ほど話に出ていた監督、スタッフとのじゃんけんゲームの様子が流れ、勝って大喜びし、食事のメニューを細かく注文しているエルの姿が映し出された。監督、スタッフとは年齢差があるにも関わらず、現場の雰囲気が今までの現場の中で一番良かったのは、ごはんやデザートなどを賭けて、一日の中で何度も行われたじゃんけんゲームのおかげだそう。「監督さんやカメラ監督さんは、いつも負けるんです。撮影は半分くらい終わったのですが、二人で100万ウォンくらい使ってる。僕は、負けてません。僕はじゃんけん強いです。自信満々ですよ! 」と自慢げな様子で会場を沸かした。

 じゃんけん以外のエピソードを聞かれると「エピソードと言うよりは、ドラマのポイントになりますが、エルは、あんなに変われるだろうか? というくらい様々な感情シーンを撮影しました。うれしい時には、うれしがり、悲しい時には悲しがり、憤りを感じるときには憤るといった様々な演技を見ていただけると思います。1話では、ユ・タンとダインがどんなふうに生活してきたかというキャラクター紹介の要素がありますが、2話以降は、展開が早いので、皆さんに楽しんでいただけると思います。チームメンバー全員が自信を持って、各自の人生の名作を撮っています。僕も含め、チーム全員が、一生懸命撮影していますので、『私たちの子が、私たちのエルが! こんなに成長したのね』と、うれしく思う母親のような感情を持つのではないかな? と思います」と一気にドラマへの思いを熱く語った。

 イベント終盤では、同ドラマはWEB漫画が原作ということで、エルの描いた絵を観客に当ててもらうコーナーに。エルはドラマの登場人物の名前を聞いて、2分以内に絵を描き、解答者である観客は、登場人物の写真の中からエルの描いた人物を選択するというルール。
初めの問題は、バンドメンバーであるベースのジングク、ドラムのノヨン、取り立て屋の怖いお兄さんの3人から選択。「(絵を描くなんて)聞いてなかったけど、僕上手! すごい〜」と自画自賛のエルの絵は、担当楽器であるベースとジングクのウェーブの長髪、バンダナが描かれており、観客も見てすぐわかる出来上がり。

 そのジングク役のキム・ギドゥとの演技については、「僕よりお兄さんで、結婚もしていてお子さんもいるから、先輩というより、時折おじさんって感じ(笑)。面倒もみてくれるし、演技も褒めてくれる。僕、褒められるのが大好きで、食べるのも大好きで、いろいろと手助けしてくれました」とその言葉を受けて、MCがオーバーに絵を褒めると、「わ〜! 」と子供のように叫び「褒められると、気分が良くなる! 」と無邪気に笑うエル。

 会場が笑いに包まれると、次の問題は、ダイン、カン理事、ボユ、少女の4人の中から、誰かを描いているのだが「男性描くのは上手。女性は、描くのが難しいですね…」と顔に目鼻はない髪の長い女性のシルエットとバッグの絵に、迷う観客。ブランドバッグを星のキラキラで表現したらしく、正解はカン理事。会場の半分の人が当たり、MCが、また褒めまくると「もっと誉めて! ヘヘッ」とエル。その可愛さに会場のファンはメロメロに。

 2枚の絵には、エルのサインと日本語で「あいしてる」と書き加えられ、直筆サイン入りドラマポスター5枚と合わせ7名にプレゼント。抽選で選ばれた7人は、ステージに上がり、エルから直接プレゼントをもらうことに。プレゼントを渡したあと、がっつりハグするエルに、客席からは、驚きと羨望のこもった黄色い声が上がった。

 最後は、エルから「『君を守りたい』の試写会に足を運んでいただいた皆さんに心より感謝申し上げます。一人で日本に来てサイン会やドラマ撮影をしたことはありますが、このように一人の場は、有意義な場だと思います。今まで『INFINITE』のエルとしての姿を見せていたのであれば、今は、俳優キム・ミョンスとしてこの場に立っています」と語るとメッセージの途中で会場から拍手が沸き起こった。

 「もっと拍手してください。褒められるのが大好きですから(笑)」とジョークで会場を盛り上げ「ですから、歌手とは違って、少し変わったところを見せることができると思います。スカパーで放送されるこの作品もそうですし、日本でソロの活動も計画しています」と話すと突然の発表に会場のファンは歓喜し、会場に拍手が響いた。

 最後に「このドラマは、僕の人生にとって重要な作品になりそうです。ドラマにたくさんの愛をお願いします。キム・ミョンスとエルにも、たくさんの愛情をおねがいします」とあいさつし、「来てくれて、ほんとにありがとうございます」と締めくくりは日本語で心込めて伝え「アンニョン〜(=バイバイ)」と笑顔と共に去っていった。

 同イベントはエルの魅力的な人柄に引き込まれた1時間であった。第1話を観ただけでも、エルの新しい一面を発見でき、“その日”を何度も繰り返すという設定、早いストーリー展開に、早くもドラマに夢中なりそうな予感だ。