俳優ユ・スンホが、約1年ぶりにテレビドラマに復帰する。

 俳優ユ・スンホは、来年上半期に韓国で放送予定の20部作のメロ時代劇「君主−仮面の主人」の男性主人公である世子イ・ソン役で出演を決定した。

 1700年代の朝鮮に実際に存在した水の私有化を素材にした「君主」は、政治とメロを適度にミックスさせたフィクション時代劇で、朝鮮の水を私物化して大きな富と権力を得た組織と対立して戦う皇太子の正義と死闘を描く。

 「君主」は放送前からユ・スンホのキャスティングで大きな話題を呼び、来年上半期最高の期待作に浮上している。

 2月に放送終了したSBSドラマ「リメンバー-息子の戦争」以来1年ぶりにテレビドラマに復帰することになったユ・スンホは、苦しむ民の希望となり、愛する女性のために死を覚悟して進む力強い君主に扮する。

 荒々しい男らしさと深いメロドラマを予告したユ・スンホは、現在「君主」の撮影を前にキャラクターの分析に入り、ボディ作りに夢中になるなど準備に余念がないという。信じて見るユ・スンホの披露する新しい魅力が今から多くの人々の関心を集めている。