大人気ドラマ「シークレット・ガーデン」(2010年)、「奇皇后」(2013年)などの主演女優で、日本でも人気を集めているハ・ジウォンが、10月1日(土)神奈川・川崎市教育文化会館にて「2016 HAJIWON 4th FANMEETING」を開催した。ことし2月に開催したファンミーティングでは、バンドとのライブステージを初挑戦するなど、毎回異なる姿を見せてくれるハ・ジウォン。今回はどんな姿を見せてくれるのかと、期待に胸を膨らませたファンたちが会場に集まった。

 オープニングVCRが終わると、白いレースのワンピースに赤いヒールをまとったハ・ジウォンがステージに登場。緊張した面持ちで「ZARD」の「負けないで」を披露した。会場には手拍子と歓声が上がり、スタートから盛り上がりを見せた。歌い終わると「みなさん、また会えましたね! 会いたかったですか? 私も本当に会いたかったです。今日も楽しい時間にしましょうね! 」と、日本語であいさつ。イベントMCのYumiが登場し、ファンミーティングが始まった今の気持ちを問われると「緊張しすぎて、倒れちゃいそうです。本当にみなさんに、とてもとても会いたかったです。みなさんにお会いするのは4回目なのですが、今日が1番緊張しています」と話し、表情からも緊張が伺えたが、ファンからの声援に笑顔を見せた。

 今回韓国からではなく岡山県から来たと話し、「最近日本で生活してるんです! 」と明かすと、ファンからは驚きの声が上がった。現在、日本で映画の撮影をしている最中で、岡山県に滞在しているとのことであった。
前回のファンミーティングで「日本で暮らしてみたい」という夢があると話し、その夢が叶ったことから、今回のファンミーティングのテーマは”夢”にしたとのこと。ファンのみなさんと”夢”について語り合いたいとし、夢トークが始まった。

 現在の叶った夢は「日本で暮らす」ことであり、日本での生活は「1日1日がとても楽しいです」とし、日本での生活ぶりを収めた写真や動画を紹介しながら、エピソードを語った。ビールを片手に真剣な表情を向けた写真については、日本にあるスリランカカレー屋さんに行き、生まれて初めて飲んだと言うスリランカビールの認証ショットだと説明。「撮影が終わって生ビールを飲むじゃないですか。そうすると本当に疲れがふっと飛んでしまうんですよ。スゴイ! 生ビールスゴイ!! 生ビ〜ル〜」と親指を立て、グッドポーズをしながら、無邪気に語った。

 美味しいお店に行くことが好きだというハ・ジウォンは、好きな日本食は「お刺身、酒、わさび、生ビール」だとし、鳥取県米子に行った時に食べたお刺身が美味しくて、1週間毎晩食べていたと明かした。また「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる、ねずみ男や猫娘とのツーショット写真を公開し、休日には水木しげるロードを訪れ、楽しい時間を過ごしたと話し、「写真を撮るために列に並んで撮りました。私よりもずっと人気がありました(笑)」と会場の笑いを誘った。他にも、日本でできた友達のマスコット犬と散歩をしている様子や、スーパーで買い物をしているところ、登山をしているところなどを映像で紹介し、様々な姿を見せてくれた。

 続いて、幼少時代の夢は「宇宙飛行士」で、少女時代は「俳優」が夢だったとのこと。小学生の頃はとても恥ずかしがり屋で、高校生になるまでカラオケにも行ったことがなく、声の小ささから“蚊姫”や、その真面目さから“人間文化財”といったあだ名があったと明かした。友達に連れられ初めて行ったカラオケで歌った歌を、今回準備してきたとし、カン・スジの「紫の香り」を披露した。ステージ上を左右に移動しながら、ファンに手を振ったり、ハートポーズを送ったり、笑顔を見せながら歌い上げた。

 次はファンの夢を聞いてみたいと、客席に降り、ファンにインタビューすることに。「お名前は何ですか? 」と、ファンに自ら話しかけ、叶えたい夢や、昔抱いていた夢を問いかけた。スタイリストになることが夢だったというファンには、「次回ファンミーティングをする際には、私に合うスタイルをコーディネートしてください」と、ハ・ジウォンとハグがしたいというファンには、快くハグで応え、ファンの夢を叶えた。ハ・ジウォンと話せたことで夢が叶ったといい、涙が溢れるファンには、目元をタオルでそっと拭いてあげる場面もあり、彼女の心優しい一面が垣間見ることができた。

 トークタイムの後は、デニムのオーバーオールに着替えたハ・ジウォンが再びステージに登場し、「おどるポンポコリン」の曲に合わせダンスを披露。踊り終わると、「すみません! たくさん間違えてしまいました〜」と悔しがったが、ハ・ジウォンの可愛らしいダンスに会場は大いに盛り上がった。

 そして、毎回恒例となった「大声出しゲーム」を行うことに。今回は今までとは思考を変え、本番での声が練習で出した声より大きいならハニーレモンジュースが飲め、練習よりも小さい声だったら生レモンを食べるという特典付き。まずは今回のイベントのテーマである“ドリーム”で、声出しの練習を行うことに。練習では74デシベルという結果だったが、その後の“サランへ”では79デシベル、“ハ・ジウォン”では100デシベルと、ファンたちは更に大きな声で叫び、ハ・ジウォンは無事においしいハニーレモンジュースをゲットした。

 またアラジンに扮したハ・ジウォンのマネージャーが、MCのYumiから夢を問われると、「歌手です」と答え、ハ・ジウォンとともに「少女時代」の「Genie」を踊りながら披露した。マネージャーの夢が叶った、楽しいステージとなった。

 青いワンピースを見にまとい、サイド三つ編みにスタイリングを変えたハ・ジウォンが、会場のファンの夢を叶えるため、お便りを紹介。自分のお便りを紹介されたファンは、選ばれたことに驚きながらも、ステージにあがり、ハ・ジウォンから素敵なプレゼントを受け取ると、最高級の笑顔を見せた。また、会場にいる10月生まれのファンの誕生日を祝いたいと、10月生まれのファンに向けてバースデーソングを送り、ファンを喜ばせた。
未来の夢は「10年後、ここにいる全てのみなさんと友達になれるように」と、夢を語り「私たちまた会えますよね? 」と、ファンとの再会を約束した。

 最後に中島美嘉の「桜舞う頃」を熱唱し、ファンに気持ちを伝えた。ペンライトが揺れる会場の中、響く歌声に、ファンたちは静かに耳を傾け、歌い終わると大きな拍手と歓声を届けた。

 歌やダンスに加え、日本での生活を見せてくれ、サービス精神旺盛なハ・ジウォン。楽しいだけでなく、感動的な場面もあり、幸せを感じられるファンとの大切な時間となった。