こんなにキュートな主人公がいるだろうか。キャラクターの達人ソ・イングクが、ラブリーな男性主人公として愛されている。

 俳優ソ・イングクは、毎週韓国で放送中のMBC水木ドラマ「ショッピング王ルイ」で、記憶を失ったルイをキュートなキャラクターに作り上げ、ラブリーな男性主人公の手本になっている。温室の花のように育った財閥3世が不遇な事故で記憶を失って世の中に放り出され、子供のように純粋な姿をアピールするドラマに、ソ・イングクのキャラクター分析が加わって、ルイはいっそう愛らしく描かれている。

 ソ・イングクはキャラクターを研究する中で、腕白そうなボーイフレンドルックや会社から帰って来るボクシル(ナム・ジヒョン扮)を見てうれしそうに両手を激しく振るジェスチャー、純粋な表情に加え、愛らしい瞬きまで、ディテールにこだわったキャラクター設定でキュートなルイを完成させた。瞬きをする瞬間まで演技的な要素を加えるソ・イングクのキャラクター分析がルイの魅力を倍増させている。

 このようなソ・イングクのキャラクター分析はドラマに感性を加えた。第5話で、ルイとボクシルの釜山での撮影メイキングを通じて公開された2人の悲しく切ない眼差しのキスとルイの弱々しい感性は、ソ・イングクのアドリブであると知られ、俳優のキャラクター分析に対する感嘆を誘った。

 記憶を取り戻して頭痛を感じたルイが海辺で倒れた後にボクシルを見つめる場面で、ソ・イングクがアドリブを加えたという。2人の感情に切なさが加わり、抱擁が終わる時にもう一度ボクシルを抱きしめて涙を拭うシーンは、子供のようなルイに対する保護本能を刺激してキャラクターの弱々しさを最大限に生かした。

 ソ・イングクの深みのあるキャラクターの解釈と集中力から完成された2人の海のシーンは、ドラマの名場面として放送後に大きな話題を集めた。

 こうしてソ・イングクは、キャラクターの達人と呼ばれるほど完ぺきなキャラクターを作り上げ、ドラマの完成度を高めている。ソ・イングクが演じるからこそ、さらに愛らしいルイはこれからも視聴者に独特でラブリーな男性主人公として愛されることだろう。