人気ガールズグループ「Miss A」のミンが不気味な猟奇ガールに変身して、5年ぶりにスクリーンに帰ってくる。

 ミン(Miss A)は、来年上半期に封切りする映画「スニ」(制作:(株)ボストンE&M、TCO(株)、(株)The Contents On、監督:チ・ソンウォン)を通じて観客たちに会う予定だ。

 「スニ」は、ある刑事が小さな山村で行われた恐ろしい連続殺人事件の容疑者として指名手配された少女を追いながら、繰り広げられる奇妙な謎を描いた作品。実際に発生した児童虐待事件を元に再構成された映画で、残酷なストーリーは息を飲むような緊張感と恐ろしいスリルを与える見込みだ。

 ミンは映画の中で、酷い児童虐待の加害者である継母の娘スジャ役を引き受け、沈黙の共犯であり、唯一の目撃者として熱演する。過去2011年の映画「カウントダウン」でチョン・ドヨンの娘ヒョンジ役で登場し、印象的な演技力を見せた彼女は、「スニ」のシナリオを読んだ後、すぐに出演を決心し、5年ぶりにスクリーンに電撃復帰することになった。

 「スニ」側が12日公開したスチールでミンは、焦点を失ったうつろな瞳で何かを見つめたり、パジャマ姿でシャベルを持ち、すぐにでも振り下ろしそうな恐ろしい二面性を見せ、素朴な山奥の少女と猟奇ホラーを行き来して、彼女が見せる演技的な成長に期待を高めている。