※ネタバレになる内容が含まれています。



 13日に放送されたMBCドラマ「ショッピング王ルイ」7話では、ルイ(ソ・イングク)を監視するために送った人が突然に襲撃されて意識不明になり、不安になりはじめるソンギュ(キム・ギュチョル)の様子が描かれた。

 ソンギュは家族と共にニュースを見て、殺人未遂事件が続けて放送されると、家族の顔色をうかがった。その後、ニュースでルイの姿が映り、ビックリしてテレビを消した。

 その後ルイは殺人未遂事件の容疑者とされた。警察はルイの身元が確認できないと、疑い始めた。ルイは「私を知らないとは恐ろしいことだ。犯罪者かもしれない」と悲しんだ。ボクシル(ナム・ジヒョン)はルイに「あなたは優しくて愛らしくて美しい人だ」と慰めた。

 ジュンウォン(ユン・サンヒョン)はルイの身元保証人になった。事件現場での犯人の足跡を撮った証拠写真を眺めていると、ルイは足跡だけ見ては「犯人が自転車が得意な人の可能性がある」と推測した。警察とボクシル、ジュンウォンはルイの意外な一面に感嘆した。

 ジュンウォンはルイとボクシルに「めんどくさくて頭にくるが、助けてやる」と言って同居を提案した。