韓国女優チョン・ウヒが、ドラマで視聴者の前に登場する可能性が見えてきた。

 所属事務所ナムアクターズの関係者は13日午前、「チョン・ウヒがOCNの新ドラマ『ザ・ボイス』側から出演オファーを受け、検討している」と明かした。

 同ドラマは、112通報センターに勤務する男女主人公が、自身らの家族を殺害した連続殺人犯を追う過程を描くスリラー作品。
 
 チョン・ウヒは劇中、仁川(インチョン)東区(トング)112通報センター・ゴールデンタイムチームのコールチーム長として働くカン・グォンジュ役でオファーを受けた。武術に秀でた女性警官役という点から、出演が確定した場合、高度なアクション演技を披露するものとみられる。

 一方、「ザ・ボイス」は映画「新石器ブルース」やtvNドラマ「I Love イ・テリ」を手掛けたキム・ドヒョクプロデューサーが演出を手掛け、俳優チャン・ヒョクが主演を務める予定だ。