なぜ爆弾酒と言うかには諸説あり、コップのビールが火薬で少量のウイスキー(焼酎)が雷管にたとえられるという説と、一気に飲み干すと爆弾にあたったようなダメージがあるからだという説が代表的です。

 なぜこのような飲み方が流行ったかというと、
 [1]一気飲みをすると酔いが早く回るので、短時間で雰囲気が良くなる。
 [2]一気に打ち解けて仲間意識が高まる。
 [3]短時間で酔うのでお酒代が安く済む。
 [4]その場の長がたくさん飲まなくてもよくなる。
 普通宴席ですと、お偉いさんがその場にいる部下に酒を注いだり、返杯を受けたりして、自分にお酒が集中して早く酔ってしまうので、このような飲み方が編み出されたとも言われます。

 この方式ではお偉いさんに偏ることなく、公平に飲めて、一人ひとりの動作を観察できるとも考えられます。


文=権 鎔大(ゴン ヨンデ)
出典=『あなたは本当に「韓国」を知っている? 』(著者/権鎔大 発行/駿河台出版社)