韓国歌手ペク・チョンガンが11か月ぶりに活動復帰する。

 所属事務所は14日、「ペク・チョンガンが昨年リリースしたシングル『目に見える』以降、約11か月ぶりに新曲『BOMB DI BOMB』を発表する」と明かした。

 ペク・チョンガンは今回のシングルアルバムに、恋愛のときめきを歌った「BOMB DI BOMB」と、2000年代初期に人気を博したバラード曲のリメイクを収録した。

 一方、ペク・チョンガンは釜山BIFF広場特設ステージで開かれた「釜山国際映画祭」の前夜祭ステージに上がり、「忘れたの」や「悪い奴」などを熱唱した。