韓国俳優チ・ヒョヌ(31)側が最近、手首の手術を受けたことに対し「回復中」と明らかにした。

 チ・ヒョヌの所属事務所DREAMTエンターテインメントは17日「先週初め、キーンベック病と診断され手術した」とし「軍服務当時、負傷した。最近手首に無理がかかったため、手術することになった。今は回復中だ」と伝えた。

 先立ってあるメディアがチ・ヒョヌが最近病院で、キーンベック病と診断され、手首の手術を受けたと報道した。

 一方、チ・ヒョヌはことし8月SBSドラマ「ウォンテッド」を通じて、カリスマあふれる刑事チャ・スンイン役を熱演した。