韓国アイドルグループ「JYJ」メンバーでミュージカル俳優としても活躍しているジュンスが、これまで出演した「モーツァルト」から「ドリアン・グレイ」までで演じたキャラクターを振り返った。

 ジュンス(JYJ)は17日、NAVERのVアプリで放送された「キム・ジュンスが送った『ドリアン・グレイ』控室への招待状」で、これまでジュンスが演じた役の中で最高のキャラクターをファンが選んだ結果について話をした。

 ジュンスは「どんなキャラクターが1位になるのか気になった。実際に僕もどのキャラクターがいいかと聞かれたら、僕も答えられないほどどれも同じくらいだ」とし、ミュージカルデビュー作となる「モーツァルト」から振り返った。

 「『モーツァルト』の時は、どれほど震えたか忘れることができない」と明かした。さらに「天国の涙」については「Joon役をしたが、新人としてやっと2つ目の作品を創作でするというのが、とても大きな無謀な挑戦だった」とし、「『天国の涙』の時は、これがミュージカルだということを感じて学んだミュージカルだと思うので、愛情が深い」と述べた。

 「エリザベート」のTOD役については「結果的に見ると、ジュンスらしくジュンスがやり遂げたと皆さんが評価してくださり、男優主演賞をもらった。感謝すべき役ではあるが、実はこの役をすることになった時、憂慮の記事や悪口が一番多い役だった」と吐露した。

 続けて「この役を引き受けた時、どの国でも20代がする雰囲気ではなく、30代や50代まで中年男性が演じる役だった」とし、「僕ができる役ではなかったので、怖かったし、いろいろ考えた。他のどの役よりも意義深く思い入れがある」と語った。

 「December」のユン・ジウク役については「故キム・グァンソク先輩の曲で綴られたミュージカルなのでうれしい気持ちで臨んだ作品だった。たくさん泣いた」と明らかにした。

 「ドラキュラ」については「僕が好きなキャラクターだ。一番多くのエネルギーと様々な姿を一度に見せることのできた劇であり、キャラクターだった」とし、「デスノート」のエルについては「エルは大きな個性を持っている役だった。話し方やモーションをどのくらいまでするべきか、漫画と同じではダメなので、そのまま具現したらおかしくなりそうだし、具現したとしてもおかしく見えるのではないかと心配した。かっこよく見えると言ってもコスプレになるのは嫌だった。キャラクター的には優れていた」と回想した。

 最後に公演中の「ドリアン・グレイ」については「熱演だと言うには恥ずかしいが、熱演している」とアピールした。