※ネタバレになる内容が含まれています。



 17日に放送されたKBSドラマ「雲が描いた月明かり」17話では、ビョンヨン(クァク・ドンヨン)がヨン(パク・ボゴム)とラオン(キム・ユジョン)を命がけで守る様子が描かれた。

 白雲会はホン・ギョンレの縄を解き、ラオンと共に外に出た。ヨンは去っていくラオンをただ見守るしかなく、ビョンヨンはヨンを見つめながら涙を流した

 ビョンヨンは「無礼をお許し下さい、皇太子様」とし、「白雲会が望む世の中が皇太子様が夢見る世の中と違わないと信じています。皇太子様と白雲会の間の壁を越えて皇太子様が作って行かれる国を必ず見たいです」と言うと、全てビョンヨンに刀と矢が向けられた。

 ビョンヨンが刀をあげようとすると、ヨンは「刀を引き抜くな。刀を引き抜いた瞬間、私はお前を失ってしまう。刀を引き抜くな。命令だ」と言ったが、ビョンヨンは「命令に背いて申し訳ございません」と言い、刺されて死んだ。