韓国女優キム・ソヒョンが映画「悪女」に出演を確定した。

 「悪女」は殺人兵器として育てられた1人の女性と彼女を取り巻く2人の男性、自分の正体を絶対に明かしてはいけない3人の秘密と復讐を描いたアクション映画だ。

 キム・ソヒョンはスクヒを殺人兵器として手なずけるクォンスク役を引き受け、カリスマある演技を披露する予定だ。

 2014年映画「春」でマドリード映画祭主演女優賞を受賞したことがあるキム・ソヒョンは今回の作品「悪女」を通して約2年ぶりにスクリーンにカムバックし、かつてない魅力的なキャラクターを消化する見通しだ。

 特に彼女の専売特許であるカリスマある演技が加わり、見どころがさらに豊かになるものと期待される。

 一方、キム・ソヒョンが出演を確定した映画「悪女」は「殺人の告白(原題:私が殺人犯だ)」で演出力を認められたチョン・ビョンギル監督の次期作だ。キム・オクビン、シン・ハギュン、キム・ソヒョン、チョ・ウンジらが出演を確定した。