※ネタバレになる内容が含まれています。



 18日に放送されたSBSドラマ「月の恋人−歩歩驚心:麗」(邦題「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」)では、皇帝になったワン・ヨ(ホン・ジョンヒョン)が弟で第10皇太子のワン・ウン(BAEK HYUN(EXO))を殺そうとする様子が描かれた。

 ワン・ウンは、妻スンドク(チ・ヘラ)と共にダミウォンに身を隠していたが見つかってしまった。ワン・ヨはワン・ウンに反逆罪として殺そうとし、自ら弓矢でワン・ウンを狙った。スンドクが息を引き取り、ワン・ウンは苦しんだ。

 ワン・ウンは助けに来たワン・ソ(イ・ジュンギ)に殺してほしいと頼んだ。ワン・ソはつらく思ったが、ワン・ウンが切に頼んだため、結局刀を向けるしかなかった。ワン・ジョン(ジス)とヘス(IU)はワン・ソの決断に衝撃を受けたが、ヘスはワン・ソを理解するしかなかった。

 ワン・ウンに自ら手を下したワン・ソは大泣きした。いくら冷徹なワン・ソでも、ワン・ウンを守りたかったし、自ら刀を向けるしかなかった事実に怒りを露わにした。ワン・ウンの死によって、ワン・ソは皇帝になることを決心した。