俳優イ・ジュンギが神がかった演技で視聴者をいっそうドラマに引き込んでいる。

 イ・ジュンギは18日に放送されたSBSの月火ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」(原題:「月の恋人−歩歩驚心:麗」)の第16話で、甘いロマンスと息がつまるような宮廷での争いを行き来する演技を披露した。

 第10皇子ワン・ウン(BEAK HYUN(EXO))が、「兄さんの手によって死ぬことが願いです。そうしてください」と懇願すると、ワン・ソ(イ・ジュンギ)は結局剣を掴んだ。イ・ジュンギは一緒に育った弟を自らの手で送らなければならないという切ない状況での怒りを、震えた表情と涙で表現した。


 ワン・ウンの死以来、ワン・ソはヘス(IU)に別れを告げ、2年間皇宮を離れた。久しぶりに帰って来た彼はヘスを見ない振りをしたが、ワン・ヨ(ホン・ジョンヒョン)の放った矢を受けそうになったヘスを身を持って救った。イ・ジュンギはかすかに震え、事情があって仕方なくヘスを無視しなければならないワン・ソの痛みを表現した。

 放送の終わりには、現実の不条理を断ち切るために皇帝になるというワン・ソが狂気と怒りに包まれた姿で血の嵐を予告した。