韓国の人気グループ「BIGBANG」がしばらく、完全体での活動が不可能となる中、ソロ活動にまい進する。今年上半期、G-DRAGON(28)とSOL(28、テヤン)がそれぞれ、ソロアルバムを発売し、D-LITE(27、テソン)は日本でドームツアーを開催する。

 13日、K-POP界によると、G-DRAGONとSOLが今年上半期のカムバックを目標にソロアルバムを準備中だ。これと共に、ソロコンサートも計画している。

 G-DRAGONとSOLは休まず音楽制作に集中している。この歩みに拍車を掛け、上半期にはアルバムを完成し、公演も披露するという計画を立てているのだ。ただし、具体的な時期は確定していない。発売時期を決定し音楽制作をするスタイルではないからだ。

 YGエンターテインメントもこれについて「上半期のカムバック計画はあるが、具体的な時期は決めていない」と明らかにした。

 同時期にD-LITEは日本のドームツアーをスタートさせる。2都市4回公演で約20万人を動員する予定だ。

 来る2月、メンバー、T.O.P(29)の軍入隊が控えている。「BIGBANG」メンバーの活発なソロ活動は、当分、完全体が見られないファンの空虚感を埋めると見られる。