「大国男児」のインジュン、「TRITOPS*」のイルグン、「Apeace」のドゥファン、そしてガールズアイドルグループ「April」出身のヒョンジュが日本語での演技に初挑戦する舞台「伊賀の花嫁」が、1月13日(金)東京・博品館劇場にて公演初日を迎える。同日公演前に行われたゲネプロでは、4者とも堂々とした演技を見せ、アイドルらしくキレのあるダンスも披露した。

 多彩な出演者によるオムニバス形式で繰り広げる舞台「伊賀の花嫁」はコメディタッチで笑いに溢れた、忍者の末裔の婚活物語となっている。インジュン、イルグン、ドゥファンは、K-POPアイドルグループのメンバーを演じ、ヒョンジュは韓国から日本へやってきた留学生という役である。

 日本にやってきたK-POPアイドルのインジュン、イルグン、ドゥファンは、秋葉原で見たアイドルファンの“オタ芸”に感銘を受け、キレのあるオタ芸を舞台の随所で披露した。新人アイドルのように元気でハツラツとした姿で、3人とも息の合った演技を見せた。

ヒョンジュは、初々しい日本語で可愛らしくピュアな姿を見せる反面、好奇心に溢れた一面も見せ、堂々と演じきった。

 忍者の末裔、伊賀三四郎(町田慎吾)と、三四郎の幼馴染・服部すみれ(片山陽加)の2人をとりまく人々の、様々なストーリーがひとつに重なり、最後は笑顔に包まれる楽しい舞台となっている。個性的な役者が揃った、舞台「伊賀の花嫁」は1月13日(金)を皮切りに、22(日)まで15公演行われる。インジュン、イルグン、ドゥファン、ヒョンジュの日本語での演技に注目だ。



 詳しいレポートは後日掲載いたします。