大混戦のパシフィック・リーグより一足先に、ソフトバンクの2軍がウエスタン・リーグ優勝を決めた。これで2011年から5年連続の優勝である。

◎1軍でお馴染みのあの選手も活躍

 チーム打率.270、117試合で539得点と圧倒的に打ちまくった2軍の打撃陣。

 リーグ2位の13本塁打を放ったカニザレスをはじめ、上林誠知(12本)、江川智晃、猪本健太郎(ともに11本塁打)と、ウエスタン・リーグで2ケタ本塁打をマークした5選手中4人をソフトバンクの選手で占めた。

 いずれの選手もシーズン中に1軍昇格。とくに9月に入ってからの江川の活躍はご存知の通りだ。

 投手陣に目を向けると、今季1軍でも4試合に登板した山田大樹が防御率1.51&9勝と二部門でトップ。ほかにも大隣憲司(7勝)、攝津正(6勝)と主力投手の活躍も見られる。


◎未来のスターも次々登場中

 これだけ見ると1軍クラスの選手が2軍で活躍しただけかいな! と思われそうだが、そうではない。

 投手では2年目の加治屋蓮、打者では4年目の真砂勇介と5年目の釜本豪が2軍で結果を残し、1軍昇格を果たした。

 さらに、一昨年のドラフト1位・松本裕樹が4勝、昨年のドラフト1位・高橋純平も2勝と戦力の一角となり活躍。さらにさらに、3軍の試合を中心に出場しているルーキーの川瀬晃や黒瀬健太も夏場から2軍での出場機会が増え、来季へ向けて猛アピール中だ。

 優勝が決まった9月16日、中日戦の先発メンバー10人のうち1軍登録経験者は、ちょうど半分の5選手。経験、実績のある選手とこれからの選手をバランスよく起用し、選手の底上げにも成功している。

◎ギータも千賀も2軍からブレイク

 過去にも柳田悠岐(2011年ウエスタン本塁打王)、中村晃(2012年ウエスタン首位打者)、千賀滉大(2012年ウエスタン最高防御率)、東浜巨(2014年ウエスタン最多勝)など2軍で活躍した選手が、のちに1軍の主力選手として活躍している。

 今季、先発ローテーション入りし8勝(4敗)、防御率2.48の笠原大芽、打率ウエスタントップの猪本、盗塁ウエスタントップの釜本あたりは、1軍の中心選手として来季の活躍も期待できそう。

 10月1日(土)にはサンマリンスタジアム宮崎でファーム日本選手権が行われる。来季、1軍で活躍する前に、まずは2年連続ファーム日本一の座を掴んで欲しい。

(※成績は9月19日現在)


文=溝手孝司(みぞて・たかし)
札幌在住。広告屋、ライター、MCなどの肩書きを持つ。北海道生まれなのにホークスファン歴40年。1999年の王監督の胴上げを福岡ドームで、2006年ホークスが敗れヒルマン監督の胴上げされた札幌ドーム。そのどちらの試合も外野席で生観戦している。