【ニューヨーク=有光裕】13日のニューヨーク株式市場は当面の利益を確保するための売り注文が優勢となり、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比5・27ドル安の1万9885・73ドルだった。

 一方、IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は26・63ポイント高の5574・12で、終値としての最高値を更新した。