公開中の新海誠監督の長編アニメーション映画「君の名は。」が公開28日間(8月26日〜9月22日)で興行収入100億円を突破した。

 23日、配給する東宝が発表した。観客動員数は22日時点で約774万人。

 興行通信社の調べなどによると、日本のアニメーション映画で興行収入100億円を超えたのは、スタジオジブリによる宮崎駿監督作品以外では初めて。邦画では2013年に公開された宮崎監督の「風立ちぬ」以来の100億突破だ。

 「君の名は。」は、遠く離れて暮らす高校生の男女が、夢を通して互いに入れ替わる経験をしたことから始まるファンタジー。新海監督による原作「小説 君の名は。」(角川文庫)も20日に発行部数が100万部を超え、ベストセラーになっている。